© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2006/09/27

9月に入ってから、朝夕はずいぶん涼しく、過ごしやすくなってきました。
日増しに秋の深まりを感じます。

みなさまお変わりありませんか?

私は、この1ヶ月、大きなコンサートが続き慌しい毎日を送っていました。

12日のリサイタル、15日の韓国の伝統音楽との友好演奏会、18、19日の芸大チェンバーオーケストラ日本公演、そして24日の新日本フィルさんとの共演。

今回は、ソロの演奏から、数人での室内楽、オーケストラの中での演奏、コンチェルトでのソリストなど、それぞれの楽曲で求められるフルートの立場が違っていたことと、曲目もバロック時代から古典、ロマン、近代、現代と、多岐にわたっていたことで、それぞれの様式感、作曲者が求めたフルートの音色をそれぞれ追求するということが難しく、またおもしろいことでもありました。

全ての演奏会において、多くのお客さまにご来場いただき、また温かい拍手をいただき心から感謝しています。
そして企画、運営に携わってくださった方々、共演者のみなさまに、この場をお借りしてお礼申し上げます。

10月3日にはドイツへ向けて出発いたします。帰国は14日の朝です。
また様々な経験を積んで色々なことを感じて成長できたらいいなと思います。

それでは、元気に行ってきます!

写真は、24日の終演後、楽屋前にて。撮影:ボックリ博士さま
 

Please reload