© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2007/07/31

今回のサンポートホール高松大ホールでのコンサートは、私のふるさとでの1年ぶりの演奏会となりました。
ふるさとからいつも応援してくださる皆様に演奏を聴いていただけることを心から楽しみにしていました。本番当日、1000人を越える方々にご来場いただき、舞台に立った瞬間、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。
ご来場、本当にありがとうございました!!

サンポートホール高松大ホールは、エントランスやロビーから瀬戸内海を一望できる素敵な会場です。ただ、とても大きいので、フルートとギターの2人で1000人以上のお客様全員に表現を伝えることができるか・・・・と、当日まで不安でした。
リハーサルで、客席の色々な場所で音量のバランス、音の伸びなどを関係者の方々に確認してもらい、細かくチェックし、立ち位置などを調整しました。
それでも本番は響きが変わるものなので心配でしたが、たくさんのお客様の大きな拍手に迎えられ、あたたかく真剣に聴いてくださっている様子にホッといたしました。

『チャルダッシュ』、『歌劇「オベロン」の主題による大幻想曲』へとプログラムが進むにつれて、次第にお客様との一体感を感じ、楽しく思いっきり演奏できました。
ふるさとの皆様、ありがとうございます。

そして、共演してくださったギタリストの新井伴典さん、ピアニストの泉ゆりのさん、いつもお世話になっている音楽評論家の岡田寛さん、主催のNTTドコモ四国の関係者の方々に心よりお礼を申し上げます。

翌日は、のんびりと実家の近くを散歩し、久しぶりに故郷の空気に浸ることができました。源平合戦の跡地である駒立岩(那須与一が扇に向かって弓を射る際に馬をとめた岩)や壇ノ浦の浜辺、そしてイサム・ノグチ庭園美術館などを散策いたしました。
子供の頃は、特別な場所と思わず遊び親しんだ所ですが、離れて暮らしてみて、あらためて歴史的な重みや価値を感じています。

※写真は、イサム・ノグチ庭園美術館の外庭。小学生の頃、友達とよく遊んだ場所です。←現在は入場料が必要です(笑)

 

2007/07/09

昨日7月7日、三重県四日市にてリサイタルをさせていただきました。

三重県でのソロの演奏は初めてでしたので、お客様がいらしてくださるか直前までとても心配だったのですが・・・、舞台にあがった瞬間、たくさんのお客様を前にして感謝と感激で胸が詰まりました。たくさんのご来場ありがとうございました。
大きな拍手に後押しされ、アンコールをたくさん演奏させていただきましたが(笑)楽しんでいただけたでしょうか??

これはいつも感じることですが、演奏会のために大切な時間を割いて集まってくださったお客様のことを考えると、感謝の気持ちと責任感で身が引き締まります。
私は演奏家としてスタートしたばかり、まだまだ未熟者ではありますが...、応援してくださる皆様のおかげで、一つ、また一つ、と舞台に立っていくことができます。
自分の力だけでは何にもできません。たくさんの、本当にたくさんの方々の支えがあって活動ができていることを、皆様に心から感謝しています。

今回の演奏会は、主催の音楽ネットワーク『えん』の皆様の多大なるお力添えとご協力により成り立ったものでした。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

これまで何度も共演していただいているピアノの圓井晶子さんは、いつもいつも素晴らしい演奏と、柔らかく艶やかな音色で包み込んでくれます。どの曲も楽しく、心から喜びに溢れたものになったのは彼女のおかげです。

名古屋で美味しい味噌煮込みうどんもいただき、ほくほくの気持ちで帰路につきました。

それでは、また三重の皆様とお会いできる日を楽しみにしています♪

Please reload