© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2008/01/27

新年最初の本番は、6日にルーテル板橋教会でのソロの演奏でした。高校時代、教会の上の建物に住んでいた縁があり、とてもとてもお世話になった中村牧師が、今勤められておられる教会です。
バッハの無伴奏パルティータ、無伴奏チェロ組曲1番などを吹かせていただきました。暖かい陽射しの溢れる教会で、穏やかで幸せな時間を過ごすことができました。
また、かなりご無沙汰してしまったにも関わらず、優しい笑顔で迎えてくださった牧師夫妻と久しぶりにゆっくりお話する時間を持てて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

14日は、東京文化会館大ホールにて「日本フルートフェスティバルin東京」が行われ、コンクール受賞者として披露演奏をさせていただきました。
大ホールは、なんと2300席です!私はソロの曲を選曲したので、大ホールの舞台に一人きり…大きな空間に音もどんどん吸い込まれ…とても難しい感覚を覚えながらの演奏でした。舞台に立って初めてわかることもたくさんあり、ものすごく勉強になりました。参加させていただけたことに感謝して、今後の活動に生かしていきたいです!

24日は、高松で行われた大学病院情報マネジメント部会にてコンサートをさせていただきました。
こちらも1600席の大ホールで、空間に対する間合い、ニュアンスの付け方、音量のバランスなど、様々なところに気を使いながらのリハーサルとなりました。これまで何度も共演していただいているピアニスト圓井晶子さんの温かい演奏に支えられ、とてもいい集中の中、本番を吹き終えることができました。
雪の残る寒い日でしたのにお集まりいただいた方々、ありがとうございました。
その後、会場を移動して懇親会でも演奏させていただきましたが…、こちらも、ものすごく大きな会場でした!!
様々なご縁があり、今回のコンサートをさせていただくことに至りました。「感動しました」「楽しかった」などのお言葉をたくさんいただき、嬉しい気持ちでいっぱいです!

コンサートの日を迎えるまでの準備、打ち合わせ、共演者とのリハーサルなど、様々なものを平行して行っていかなくてはいけないため、また、大学院の授業やレポートなどもあり、最近はとても慌ただしい毎日です。時間に追われていてはセカセカとした気持ちになってしまうので、できるだけ心にゆとりを持ちながら、一つ一つの舞台に真摯な気持ちで向き合ってい...

2008/01/02

あけましておめでとうございます!!

昨年も、コンサートに足をお運びいただき、いつもあたたかく応援してくださりありがとうございました。
音楽にとことん向き合い、悩み、笑い、泣き、、、色々なことがありましたが、とても充実した1年でした。

今年は、私が15歳で一人東京に出てきてから、ちょうど10年の節目の年です。

15歳の春、小さい頃から強い憧れを抱いていた東京に心踊らされたのもつかの間、周りのレベルの高さと自分の力の無さに大きなショックを受けました。不安と戦いながら必死でフルートを握る毎日でした・・・。

今こうして、毎日大好きな音楽に没頭していられること、また、たくさんの方々に演奏を聴いていただく機会をいただけることに、心から幸せを感じています。
力不足を感じるとき、充分な練習時間が取れないときなど、様々な形で葛藤や悩みは毎日山のように押し寄せてきますが、これからも感謝の気持ちを忘れずに、夢に向かって精一杯努力いたします。
それではみなさま、今年もよろしくお願いいたします!!

※写真は、元旦に撮ったものです。

Please reload