© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2008/03/20

あっという間に春の到来ですね!
今年の冬は寒さが厳しかったので、春の訪れをいつもに増して嬉しく感じます。

さて、またまた更新が遅れてしまいまして申し訳ありませんでした。私は変わらず日々音楽と共に歩んでいます。

2月17日は、『スタジオ・エルミタージュ』にてソロの演奏と、武蔵野音楽大学教授でフルーティストの甲斐道雄先生とデュオの演奏をさせていただきました。
甲斐先生はとても優しく、温かくて、私が心から尊敬している方です。先生がいらっしゃるだけでその場が必ず明るくなり、みんなが笑顔になるので、いつも「まるで魔法みたい!!」と思ってしまいます。今回も、一緒に演奏させていただきながら、とても幸せな気持ちになりました。
『スタジオ・エルミタージュ』で演奏させていただくのは2回目でしたが、変わらず素晴らしい空間で、気持ちよく演奏することができました。次回は9月5日に、ギタリストの新井伴典さんとリサイタルを開かせていただけることになっています。また演奏できることが楽しみです!

2月26日はJTアートホールにて『JTが育てるアンサンブルシリーズ』に出演いたしました。数日前にチケットが完売し、当日券を求めてお越しいただいたにもかかわらずご入場いただけなかった方もいらしたということを後で聞きました。ご迷惑をおかけしたみなさまには、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
このシリーズに出演させていただくのは2005年、2007年と続いて3回目でした。今回も、素晴らしいメンバーとじっくり話し合いをしながら音楽作りをすることができ、リハーサルの段階から密度の濃い充実した時間を過ごすことができました。
今回は、フランスとドイツのロマン派音楽を2曲ずつ対比させて組まれたプログラムで、私にとって大変興味深いものでした。フランセ、プーランク、クルークハート、テュイレ、4人の作曲家それぞれの楽譜を比較しながら読んでいると、色々と見えてくるものがあり、そのそれぞれの作品の個性、違いを明確に表現したいという思いで演奏いたしました。
貴重な機会をくださったプロデューサーの山本正治先生、共演してくださったオーボエの日高慧さん、クラリネットの近藤千花子さん、ファゴットの福士マリ子さん、ホルンの岸上穣さん、ピアノの前田拓郎さん、JTアートホールの方々、お越しいただいた多くのみなさま、ありがとうございました!
...

Please reload