© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2008/05/27

『上野由恵フルート音楽日誌vol.1』と題したリサイタルを無事に終えることができ、ホッとしています。

このリサイタルは、1年半をかけて準備をしてきました。大きな拍手をいただきながら終えることができたのも、手伝ってくださった方々や、助言、ご指導いただいた方々のおかげです。本当にありがとうございました。

当日は、歴史ある舞台に立つという覚悟と、集まってくださった大勢のお客様に対しての強い責任感の中で開演を迎えました。お客様が一曲一曲真剣に、あたたかく聴いてくださり、どんどん客席との一体感を感じながら演奏やトークをすることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

『上野由恵フルート音楽日誌』は、「曲の世界をより身近に感じながら演奏を聴いていただきたい」というのをコンセプトにしていますので、私自身のトークで曲目の解説をし、照明で舞台に色をつけるなど、新しい挑戦をしてみました。

ドビュッシーの2作品は、完全な無伴奏の「シリンクス」と、無伴奏で始まる「牧神の午後への前奏曲」の冒頭の部分をつなげることで、より一層ギリシャ神話独特の幻想的な世界を表現できると思い、休みなく演奏しました。「牧神の午後」の冒頭部分は、ゆるやかでありながら、その裏では音程感や息遣いなどの難所なので、とても気を使いましたが、なんとか切り抜けました(笑)。

また、シューベルトの「しぼめる花による序奏と変奏」は、奥深いストーリーを背景に持っているので、その世界を知って聴いていただきたいという気持ちで、歌曲の詞を朗読した上で演奏いたしました。

アンケート用紙でのたくさんのお褒めの言葉や、ホームページを通じて多くのメッセージをいただき、皆様に喜んでいただけたことを知って、感激しています!!本当にありがとうございました。

明日から1ヶ月間、勉強のためドイツへ行ってきます。
色々なことを見て聴いて感じて音楽への理解を深め、より深い表現ができるように、頑張ってきます!

※写真は、当日の演奏風景です。撮影:ボックリ博士さま

2008/05/20

またまた更新が遅れてしまいまして…、何度もホームページを訪れてくださっている皆様には大変ご心配をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。

全国ツアーやコンチェルト、ソロの演奏会、オーケストラのエキストラ等とそれに伴う事務仕事で、この数ヶ月をドタバタと走り抜けてきている感じです(笑)

私は、5月8日に誕生日を迎えました。
たくさんのお祝いメッセージをくださった方々、ありがとうございました!!
この日は、首相官邸で行われた、日中首脳会談後の晩餐会で演奏をさせていただきました。
胡錦濤国家主席と福田総理をはじめ、財界の著名な方々が大勢集まる中での演奏でした。演奏後、総理に「フルートよかった!!」とお声をかけていただき、感激です♪

3、4月の演奏会については、また落ち着いたときにゆっくり書きたいと思っています。それぞれの会場で、たくさんの方々との出会い、優しさに触れ、幸せな日々に心から感謝しています。


昨日は、地元の香川県志度音楽ホールで、リサイタルをさせていただきました。このホールは、フルートの帝王(?)ランパルさんが愛されたホールで、名誉館長として大きな肖像画がホールに掲げられています。
2002年に初のデビューリサイタルとしてこの舞台に立たせていただいた時のことを思い出し、6年ぶりにまたこの舞台に帰ってくることができて感無量でした。
ランパルさんの肖像画の優しい眼差しと、どんな時も応援し続けてくださるふるさとの皆様のあたたかさに包まれながら、楽しく演奏でき、あっという間の2時間でした。
また、今回も総合プロデューサーとして高松コンサート協会の岡田様には大変お世話になりました。プログラムには身に余るお褒めの言葉を寄せてくださり、また、トークでコンサートを盛り上げてくださいました。心から感謝しています。
また、遠方からお越しいただいた方々にもお礼申し上げます。ありがとうございました。


さて、東京でのリサイタルが近づいてまいりました!!

5月24日14:00~、大好きな東京文化会館で『上野由恵フルート音楽日誌』と題したリサイタルを行います♪
その名の通り、よくあるリサイタルの形とは少し違い、私自身のトークと、照明などにも工夫を凝らした演奏会でお客様をお迎えしたいと思っております!
チケットにはまだ若干余裕がありますので、ぜひお時間ございましたら聴いて...

Please reload