© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2009/04/29

フィッシャーディースカウ(バリトン歌手)とエッシェンバッハ(ピアノ)によるシューベルトの歌曲「美しき水車小屋の娘」全曲と、ディースカウによる「フィガロの結婚」第18番レチタティーボとアリアのレッスン風景が収めてられている贅沢なDVD。私の大のお気に入りの1枚です。

これまでも覚えるほど見ていますが(笑)、今度レコーディングする曲にシューベルトの作品があるので、また毎日少しずつ見返しています。

人間の内面を深く見つめたシューベルト。和声の響きや転調、メロディーの推移で、人間の心の声「喜び」「不安」「とまどい」「希望」「絶望」などを表し、伴奏の様々な音型では「川のせせらぎ(16分音符の6連音)」「運命の厳しさ(淡々と続く短和音の刻み)」等までも表現してしまうシューベルトの宝石のような曲の数々。また、ウィーン人であるシューベルトの気質なのでしょうか?絶望的な苦痛の中にありながら、希望や愛情を持ち続け、純粋で自然体な音楽が進んでいきます。

そんなシューベルト作品に命を吹き込み、まるで「シューベルトそのもの!?」と思うくらいの圧倒的な説得力を持って「水車小屋の美しい娘に恋し敗れる若者」の心を歌い上げるディースカウ。
「オレは悲しいんだ~!」というような押し売り的(?)演奏ではなく、むしろ淡々と誠実に、心の声を表現していく彼のまっすぐな瞳を見ているだけで物語の中に連れて行かれ、感情移入して涙が溢れてしまいます…。

このDVDと共に大切にしている本、『シューベルトを歌う』。ディースカウによるシューベルト作品のレッスンがまとめられていて、彼の作品に対する思いなども綴られています。この本からもわかる、ディースカウの人間的な大きさ、誠実さ、作品に向き合う真摯な姿勢は、「音楽家である前に一人の人間として、その深さや大きさがあってこその素晴らしい演奏である」ということを決定づけています。

作曲家や作品への理解を深めることがいかに重要であるか、作品を掘り下げて勉強することの必要性、そして人間的な成長を重ねることが何より大切であるということ、このDVDを見るたびに痛感しています。

※写真は、『NHK趣味百科 シューベルトを歌う』NHK出版、『シューベルト歌曲集「美しき水車小屋の娘」全曲DVD』EMI CLASICCS

 

2009/04/28

あんみつの「みはし」本店。
上野中央通り商店街にある老舗の甘味処です。
高校生の頃から、よく学校帰りに友達と立ち寄ってはその美味しくて優しい味にとろけていました。
最近では、東京文化会館でリハーサルやコンサートを終えた後に共演者と行くことが多いですが、いつもホッと一息つける大好きな癒しスポットです。

先日のコンサートの後も、母と、ピアニストの圓井さんと、美味しいあんみつに舌鼓!私は久しぶりに、田舎しるこをいただきました♪お店の方の気配りや雰囲気もとっても素敵なお店です。

実はこの「みはし」さん、私は胃袋だけでなく、コンサートでもお世話になっているんです!
5年ほど前に東京国立博物館でのリサイタル(上野中央通り商店街主催)で演奏を聴いていただいて以来、私の活動をずっと応援してくれています。

昨年の東京文化会館でのリサイタルの際は、「このコンサートのチケット半券を提示すれば白玉トッピングサービスします!」というとっても楽しい企画をしてくださったこともありました。

ぜひぜひ、みなさまも行ってみてくださいね!!

※写真は、奥から白玉クリームあんみつ、フルーツあんみつ、田舎しるこ。

2009/04/26

昨日のコンサートにお越しいただいた方々から、たくさんのメッセージをいただいています。ありがとうございます!

写真は、舞台でのリハーサル風景です。
朝の9時すぎからホールで立ち位置やピアノの位置決め、マイクチェックや照明決めをしていましたが、やはり一番大切にしていたのは「どのように曲を響かせ、お客様に伝えるか」ということです。
開場時間直前まで、二人で細かく解釈を話し合って音楽作りをしていました。普段から仲良しで、いつもは楽しくふざけ合っている私たちですが、音楽について話しをするときは真顔になってしまいます。真剣そのものの写真参照(笑)。

テンポ設定から和声の感じ方、タイミングや音色感、バランスなど、最高を求めればキリがありません。また、会場の広さや材質、湿度や気温によっても全て変わってきてしまうので、怖さもあり、それが楽しいことでもあります。

これからも、常に「ずっといいものを追及し続ける」という気持ちを強く持ち、一回一回の舞台を大切にしていきたいと思っています。

※写真撮影:ボックリ博士さま

2009/04/25

今朝のモーニングコンサート、満席のお客様が温かく迎えてくださり、とても幸せな気持ちで演奏することができました。
お越しくださった皆様、本当にありがとうございます!

また、トークに対しても相づちや笑いで応えていただき、会場と一体となってコンサートを築き上げることができたような気がいたします。

終演後、ピアニストの圓井さんとランチをしながらコンサートを振り返って、「私たちらしい演奏会になったね」と話していました。それも、いつも応援してくださっている方々や、お世話になっている東京文化会館の皆様のおかげです。心から感謝を申し上げます。

※写真撮影:ボックリ博士さま

2009/04/23

私の小さな癒し、ベランダ菜園のイチゴが実をつけました。
イチゴを育てるのは初めてなので、まさに一期一会・・・・・(おっと失礼いたしました)。

これまでも、サラダ菜やシソ、バジルや小松菜など色々な野菜を育ててきましたが、今シーズンはベビーリーフと芽ネギとイチゴを楽しく栽培しています♪そして、部屋の中でも綺麗な観葉植物がたくさん元気に育っています。

どれも小さなプランターや鉢からですが、お日さまに向かって健気に成長しようとする姿には心を打たれます。新芽を見つけたときなど、強い生命力を感じてとても感動します。

5月は演奏会や合宿、レコーディングなどで地方に滞在する日が多いので少し心配ですが、たっぷり愛情をかけて栄養を与えて、大切に育てていきたいと思っています♪

 

2009/04/20

左の絵は、何を隠そう、私の似顔絵が描かれています(笑)
東京文化会館「モーニングコンサート」のチラシの一部です。
このチラシが配布されだしてから、本当にたくさんの方から「よく似てますね~~」という言葉をかけられるので、こちらにも掲載してみました。いかがでしょうか♪

描いてくださったのは、音楽をテーマにしたひとコマ漫画やイラスト、挿絵、絵本などの幅広い分野で活躍されている小澤一雄さんという方です。私は以前から東京文化会館の冊子等で小澤さんのイラストをよく拝見していたのですが、いつも明るくて楽しい音楽が溢れてくるような世界を描いていらしていて、本当に素敵だなぁ・・と、実は密かにファンでした。
今回、そんな方にまさか自分の似顔絵を描いていただけるなんて、夢のような気持ちです!

さて、この「モーニングコンサート」、あと数日後に迫ってきました!
モーツアルトのロンド、バッハのパルティータやプーランクのソナタなどの本格的なクラシック作品をはじめ、黒いオルフェやタンゴの歴史などの聴き馴染みのある作品、ラフマニノフのヴォカリーズなど美しい小品等の盛りだくさんのプログラムを、私自身のトークで進めていきます。お客様に楽しい時間を過ごしていただけるよう、精一杯頑張ります!!

 

2009/04/17

音楽は、いくら練習してもいくら勉強しても「全部わかった!これで100%!」ということには決してなりません。技術的な面はともかく、芸術的に高いものを目指せば目指すほど、ゴールのない道を進み続けるような不安に駆られたり、これでいいのだろうかと心配になって頭を抱えたり・・・。私も、勉強する中で自分の未熟さにがっくり凹んだり不安になることは日常茶飯事です。

そんな中、ある日ふと目にした「道元禅師の教え」。いつも心の支えとなっているものなのでご紹介させてください。

『仏道は、初発心のときも仏道なり、成正覚のときも仏道なり、初中後ともに仏道なり。たとへば、万里をゆくものの、一歩も千里のうちなり、千歩も千里のうちなり。初一歩と千歩とことなれども、千里のおなじきがごとし。『正法眼蔵』「説心説性」巻』

私は「仏道」というと、長い長い道のりを「悟り」に向かって一歩一歩進み、やっと「悟りを得る」という印象を持っていました。ところが道元禅師は、まず仏道を歩む決意をする「初発心」も、また或る意味「ゴール」だと考えられている「成正覚」も、その中間も、ともに一つの「仏道」だとしているのです。
これは、千里を歩むとき、「一歩」を踏み出したことはもう「千里」の歩みの内であり、「千歩」歩むのも、やはり同じ「千里」の内である、という考え方だそうです。

この教えは、芸術にも当てはまります。自分が今どのような立場であろうとも(初めたばかりでも、ベテランでも)、素晴らしい音楽を目指して歩んでいるということに変わりはなくて、今できる精一杯のことをやっていくことは、既に「音楽」の道の上なのですよ、と言われている気がしました。気持ちがとても楽になりました。

私はまだまだ音楽家としてはスタートしたての頼りないひよっこちゃん、葛藤も課題も山積みですが・・・、何があっても「音楽に誠実に向き合い続けていく気持ち」を道しるべに、頑張っていきたいです!

※写真は、近所のつつじ。今年も綺麗に咲き始めました!
 

2009/04/14

今年も桜が美しい春がやってきました。
3月下旬になっても寒い日が続いたので、やっと訪れた春の陽気に心も体もホッとしています。

ゆっくりお花見をする時間はありませんでしたが、街のあちこちで美しい景色を目にしながら過ごしていました。
ただ、今年の春はお世話になった方とのお別れなど悲しい出来事がいくつか重なったため、桜の美しさもどこか儚く切なく感じて涙が滲んでしまいます。「生を受け今という時間を生きていられることに感謝し、日々を誠実に大切に過ごしていきたい」と心から思うばかりです。

さて、1~3月は「一人合宿」と称して、毎日11~12時間近く練習をして過ごす日々でした。自分自身ととことん向き合って見えたことはたくさんあり、今後の活動の大きな糧になることと思います。温かい応援のメッセージをお送りくださった方々に、この場をお借りして心からお礼申し上げます。

またこれからたくさんコンサートが始まります!スケジュール欄に未掲載のものも順を追って載せていきます。
今は、4月24日の東京文化会館でのモーニングコンサート、5月のレコーディング(詳細はまた後日お知らせします!)に向けて練習&勉強中です。お客様に楽しんでいただけるよう、全力で臨みます!どうか見守っていてください。

※写真は、街で見つけた桜(低い位置で咲いていた)と一緒に。


 

Please reload