© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2009/05/31

昨日のルピシアミュージックサロンでのコンサート、満席のお客様に見守られながら楽しい時間を過ごすことができました。大倉陶園の方々、ルピシアのスタッフの方々、お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました!

ドビュッシー「フルート、ヴィオラ、ハープのためのトリオ」、ラヴェル「亡き王女のためのパバーヌ」、イベール「間奏曲」、ドビュッシー「シリンクス」、コンサートの趣旨と重ねてドラマ「華麗なる一族」で使われた楽曲などを演奏いたしました。

これまで何度も演奏してきたドビュッシーのトリオ。一貫した雰囲気でありながらテンポや表情が次々と変わっていくので、それらを自然につなげていくことや、3つの楽器のバランスや音色の溶けあわせ方など、自然な演奏を作り上げるのが本当に難しい曲です。

今回も3人で話し合ったり試したり、色々と試行錯誤しながらリハーサルを重ねましたが、あえて決めごとは最小限にとどめて、本番の空間で最も自然な流れを大切に演奏してみました。

柔らかく素晴らしい響きの中、真剣に聴いてくださるお客さまと大勢のスタッフさんの細やかなお心遣いのおかげで、作品の中に集中することができ、より自然な演奏ができたような気がします。

演奏後は、出演者の3人で写真を撮ったり、店頭に並ぶたくさんの紅茶を物色してお気に入りを購入したり…、始終ワイワイと盛り上がりながら、とっても素敵な時間を過ごすことができました!!

※写真左ヴィオラ奏者の鈴木まり奈さん(この春より東京交響楽団団員)、写真右ハーピスト岩城晶子さん(この秋よりイギリス王立音楽院へ留学)、2人とも演奏に妥協することなく常に努力をし続けていて、本当に素敵な仲間たちです。

 

2009/05/29

先日の日記から早くも一週間…、慌ただしくも充実した日々を過ごしています!

5月生まれだからかもしれませんが、私はこの時期の気候が大好きです。
新緑の鮮やかさに生命の力強さを感じ、爽やかな風には時間やその空間の尊さを教えられます。
ふと空を見上げては、こうして生きていられることへの感謝を実感しながら、前向きに歩む毎日です。
さて、明日のルピシアミュージックサロンの演奏会、発売早々にチケットが完売してしまったそうで、ご入手できなかった方々には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。ぜひまたの機会に聴いていただけますよう、よろしくお願いいたします♪
お越しくださるみなさまには、心から感謝を込めて演奏したいと思います。

親友の岩城晶子ちゃんと、仲良し後輩の鈴木まり奈ちゃんとのアンサンブル、リハーサルも順調に進んできていますので、とても楽しみです!

※写真は、緑が美しかった秩父の山々です。

2009/05/23

名古屋と高松での演奏会にお越しくださったみなさま、ありがとうございました!

事前のお知らせ通り、どちらの公演も満席のお客様が迎えてくださり、とっても幸せな時間を過ごすことができました。

ムジカ・セラミカの公演では、音楽プロデューサーの田中さまをはじめ、共演者のみなさまに大変お世話になりました。
高松では、私が大学1年生の頃からお世話になっております岡田さまが、今回も素敵に演奏コーディネートをしてくださいました。心から感謝しております。

また、演奏を聴いてくださった方々から、嬉しいメッセージをたくさんいただいています。いつもこうして直接感想をいただけることが大きな励みになります。この場をお借りしてお礼申し上げます。

今日は朝から指導の依頼が入ったため、昨夜高松での演奏会を終えて夜行バスに飛び乗り、帰京いたしました。夜行バスは初めての経験でしたが、本番の疲れも手伝ってウトウトしているうちにあっという間に東京に!なんだか瞬間移動のようでした(笑)
飛行機には間に合わない時間でしたため、効率的に移動することができました。

次回は名古屋で8月に、高松では11月に、コンチェルトの演奏会があります。
またみなさまにお会いできます日を楽しみにしております!

※写真は、実家近くの瀬戸内海の夕焼けです。
 

2009/05/19

写真は、セラミック製のフルートです♪

近年の環境破壊により、オーボエやクラリネットの材料である黒檀が枯渇してきていて、それに変わる素材として開発されたのがこのセラミック製の楽器です。

愛知万博で発表されて話題を呼んだこの楽器ですが、私はプロモーション活動で昨年から数回演奏しています。

明日は名古屋でムジカ・セラミカ(セラミック楽器)定期公演があり、この楽器でフルートの華やかな作品を演奏します。

外径は木製のフルートと変わりませんが、かなり重いのが特徴です。その分、ずっしりとした音が出るのですが、楽器は重さに比例して息の量や圧力がより必要になってきますので、かなりの体力勝負です!
しっかり演奏して、この楽器の音色を名古屋のみなさまにお届けできればと思います!

その後は高松へ移動し、香川日墺協会定期総会の記念コンサートで無伴奏の作品を集めて演奏いたします。いつも応援してくださっている故郷のみなさまに演奏を聴いていただけることが楽しみです。

そして、どちらのコンサートも満席になるという嬉しいお知らせをいただいています。
お越し下さるみなさま、ありがとうございます!元気に頑張ってきます!

2009/05/17

爽やかな晴天に恵まれた先週末、秩父の大自然と新緑に包まれて素晴らしい時間を過ごしていました。

早稲田大学交響楽団(通称:ワセオケ)フルートパートのOBのみなさんによる合宿です。

まず会場に到着してから夕食まで、タイムテーブルに従って部屋を訪れてくださるみなさんを次々にレッスン。難易度の高いコンクールピースを吹かれる方や、ものすごい初見能力をお持ちの方がいたり、プラチナフルートやDes管ピッコロを披露してくださる方がいたりと、私も刺激をたくさんいただきました。

食後はメインイベントのコンサートです。それぞれが用意してきたソロ曲やアンサンブル曲を発表していきます。ここでもみなさんの素晴らしい演奏をたくさん聴かせていただきました。
私も数曲のアンサンブルに参加し、最後にリクエストいただきパガニーニのカプリス24番を演奏しました。

そして夜は合宿恒例の飲み会です。私は空気中のアルコールでも酔ってしまうくらい弱いのですが、みなさんとの会話が楽しくて楽しくて、3時まで大盛り上がりでした(笑)!!

翌朝はヘロヘロになりながらも朝食をとり、全員で秩父観光へ。牧場と長瀞渓谷の岩畳を訪れました。東京から2時間でこんな大自然と触れ合うことができるなんて!感動の1日でした。

本当にあっという間の2日間。演奏して、語って、笑って、たくさんの楽しい経験をさせていただくことができました。参加されたみなさま、本当にありがとうございました!またお会いできます日を楽しみにしています!
そして、この素晴らしい機会と出会いを与えてくださいました甲斐道雄先生に、心より感謝しております。

※写真は、牧場を訪れてヤギと遊んでいるところです。

2009/05/16

スケジュールの空いた2日間を使って、引っ越しをしました!

実は、以前の家で朝から晩まで練習をしていたら周辺の方から苦情がきてしまい(そりゃそうですね…笑)、もっと気兼ねなく練習できる物件を探していました。物件が見つかり、即契約、準備、引っ越し、荷ほどき…、駆けつけてくれた母の手助けを借りながらまるでビデオテープの3倍速のように動き回った数日間でしたが、無事に終えることができホッとしています。

落ち着いて自分に向き合える環境で、またじっくり時間をかけて作品に向き合い、より良い演奏を目指して頑張ってまいります!

※写真は先週末の秩父合宿最終日に訪れた長瀞渓谷です。楽しかった合宿については、また明日書きます♪
 

2009/05/09

まだ日付が変わったばかりですが、すでに友人や知人からたくさんのメールやメッセージが届いて、感激しています!
日付が変わる瞬間は、Trio Action!!!メンバーで仲良しの泉真由ちゃんがお祝いをしてくれていました♪

帰宅して、静かに窓の外を見上げながら、自分がこの世に誕生した夜に思いを馳せています。3900グラムという超健康優良児、すでに黒い髪の毛がフサフサ、顔は真っ赤で元気に産声を上げたそうです。我ながら、何とも派手な登場です(笑)

そんな元気な命を与えてくれ、たくさんの愛情をかけ続けてくれている両親に、今日は特別の「ありがとう」を伝えたいです。私は高校進学時の15歳で親元を離れ東京に出てきたので、「娘を育てた気がしない(笑)」などと母はよく言いますが、両親の存在は常に私の中の核であり、支えであります。

両親だけでなく、祖父母、曾祖父母、そのまた先のご先祖様…、たくさんの出会いや偶然が重なって、自分がこうして生きていられる奇跡は、考えただけで卒倒しそうなくらい奥深いことです。

そして、これまでに出会ったたくさんの方々に支えていただいたおかげで、今があります。いつも演奏を聴いてくださり、応援してくださっている方々のおかげで、フルートを吹き続け、舞台に立つことができます。

全てのことに、心から感謝をしています。
この大切な気持ちを胸に、今日からの一歩を、また元気に踏み出します!!

※写真は、帰省した際に実家で見つけたものです。2歳上の兄と一緒に。

2009/05/09

お祝いのメッセージをお送りくださったみなさま、本当にありがとうございます!!
嬉しく微笑んだり、感激で涙ぐんだり、「ありがとうございます」と一通一通パソコン画面にお辞儀をしながら、ゆっくり拝見させていただきました。みなさまからいただく温かいお言葉、全てが私の宝物です。

すぐにみなさまにお返事を差し上げなければと思っているのですが、やはりなかなか時間がかかってしまいますので、今日は取り急ぎ、この場でお礼を申し上げます。

先ほど(18時すぎ)、「雨がやんで空気が澄んできたなあ・・・」と何気なくベランダに出たら、目の前に大きな大きな虹が広がっていました!
びっくりして、その美しさにしばらく見とれていましたが、あっという間に薄れてきたので慌てて写真を撮りました。
お空からの思いがけないプレゼント、とっても嬉しく感激でした。

さて、明日と明後日は秩父へ行き、早稲田大学交響楽団のフルートOB合宿に参加してレッスンをさせていただきます。フルート三昧の楽しい時間を過ごせることがとっても楽しみです!

 

2009/05/06

新聞に、かわいい詩が載っていました。
小学3年生の女の子が書いたものです。ご紹介させてください。

リコーダー

リコーダーを音がくでもらったよ
うれしくて ピアノに行っても ふいたよ
そしたらね 先生が
「ヘビが出て来そうだよ」
ってわらっていたよ
家にかえってもふいてたら
ママも「ヘビが出そう」って
みんな同じこと言うんだよ
なんでかな
ふしぎだね


きっと息の圧力が足りなくて「ひょひょひょー」となっているのでしょうね。
でも初めて手にしたリコーダーが嬉しくて一生懸命吹いているかわいい姿が目に浮かびます。

私もフルートを始めたころ、一音一音覚えていくのが嬉しくて、どこへでも持ち歩いては覚えたての曲を披露していたことを思い出します。周りの大人たちが、「上手になったね、また聴かせてね」といつも温かく見守ってくれていたおかげで、(少し得意げになりながら(笑))毎日たくさん練習していました。

そんな懐かしいひとコマを思い出させてくれた心温まる詩。この詩を書いた女の子も、このまま音楽が大好きな気持ちを持ち続けて成長していってくれることを願っています。

※写真は、先日、生徒さん一家からいただいたかわいい鯉のぼりの刺繍がしてあるカードです。中に、「やねよ~り~た~かい 上野~ぼ~り~ おもし~ろそうに およい~でる♪ いつも応援しています♪」という楽しいメッセージが書かれています。とっても嬉しくて部屋に飾っています。  

Please reload