© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2009/09/29

東京弁護士婦人会「むつみ会」でのコンサートは、みなさまのあたたかく真剣なまなざしに包まれながら、とても楽しく心地よく演奏させていただくことができました。

循環呼吸のレクチャーや曲目の解説など、トークをはさみながらのコンサートでしたが、みなさまの相づちのおかげで、安心してスムーズに進めることができたように思います♪

また、会場の渋谷クロスタワー32階からの素晴らしい眺め!そして、その絶景を見ながらいただく(料理の鉄人・坂井シェフの)お料理も絶品ばかりで感動いたしました!

むつみ会のみなさま、共演してくださったハープの平野花子さん、本当にありがとうございました。


その後の「慶應義塾大学来往舎コンサート」のリハーサルも、無事に終えることができました。
10月3日のこのコンサートで私が参加する橋本剛さんの作品は、会場中を使って演奏とダンスのパフォーマンスが行われるので、かなり念入りな練習が必要です。今日を含めこれまで何度もリハーサルが繰り返されてきましたが、あとは当日のGPを残すのみ!集中して臨みたいです。

帰りは急行に乗ったつもりが各駅停車…(ノ-o-)ノ。せっかくなので、景色を楽しみながらのんびり帰宅しました。夕飯は、秋刀魚を焼いて、たっぷりの大根おろしとヘルシーごはん。

栄養をたくさん摂ったので、明日のオペラ本番も頑張れそうです♪♪

※写真は、演奏後、ハープの平野花子さんと。窓の外の眺望を写したかったのですがこの有様。逆光でぼやけてしまいました(涙)
 

2009/09/28

昨日は新宿文化センター大ホール満席の熱気の中、「ドン・ジョヴァンニ」第1回目の公演が無事に終了しました。

「ドン・ジョヴァンニ」の1st.フルートは、約3時間の公演時間ほとんど吹き続け状態。
本番の緊張感の中では気になりませんでしたが、公演が終了した途端、疲れがどっと押し寄せて、帰宅中の電車の中ではふらふらふらふら…。

そんなわけで帰宅後の練習は諦めて一晩ぐっすりと休息。

そして今日もまたレッスンとリハーサル、練習の盛りだくさんな一日を過ごしました♪ 

さらに、合間に時間を見つけて、大好きな古本屋さんへ。読みたかった小説やエッセイを10冊ほど買い溜めをして、気持ちホカホカ。「読書の秋やなぁ…♪」と心の中で呟いていましたが、いいえ、私にとって読書は年中行事でした(笑)。

さてさて、明日は、渋谷クロスタワー内にて行われる「むつみ会」のみなさまにお招きいただき、ハープの平野花子さんとトークつきのコンサートを行います。リクエストをいただき、おなじみ(!?)循環呼吸のレクチャーもすることになりました。

そして演奏会を終えたら急いで慶応義塾大学へ移動して、10月3日来往舎コンサートのリハーサルとGP(通し稽古)に夜まで参加します。

明日も盛りだくさんな豪華二点スケジュール、楽しく明るく頑張ってきます!!

※写真は、先日青森へ訪れた際の「大湊線」(後部車両)からの景色です。JR本州最北端の大湊駅から乗車しました。海の青、空の青、木々の緑、稲穂の黄金色、様々な自然の色に彩られた美しい景色を堪能した50分でした。
 

2009/09/25

優しさ、思いやり、人情、たくさんの愛の溢れる場所。青森県むつ市。
今回もまた多くの方々のあたたかさに触れ、想い出に残る演奏旅行になりました。

むつ市役所新庁舎業務開始記念として行われた「はばたきコンサート」。記念すべき日に演奏でお祝いをさせていただき、またたくさんの方々に演奏を聴いていただくことができて、幸せな気持ちでいっぱいです。

宮下市長をはじめとする市役所の皆々様、むつ市教育委員長、對馬恵子先生、第三田名部小学校音楽部のみんな、そして市の新マスコット・ムッシュムチュラン1世(写真参照)、演奏を聴いてくださった皆さま、佐野靖先生、共演者の佐藤寛子さん、圓井晶子さん、本当にありがとうございました!

またお会いできることを心から楽しみに、努力を続けてまいります。

昨夜無事に帰宅して、今日は朝から生徒さんたちのレッスンを次々に約9時間、頑張りましたー!
みんないつもたくさん練習してきてくれるので、ついつい力が入って、また気がついたら声が大きくなってます…笑(’~`)

さてさて、明日はドン・ジョヴァンニのGP(最終の稽古)。明後日の本番へと続きます。

※演奏会を終えて帰宅するところを、ムチュラン1世くんが見送りにきてくれました。
ムチュラン1世、本当にかわいいキャラクターです。きぐるみの愛らしい姿に、とっても癒されました♪
 

2009/09/22

今日は早起きして、午前中に生徒さんを1人レッスン(教材は「魔笛」のアリア集)。

その後、杉並のホールへ移動して13時~18時「ドン・ジョヴァンニ」の通し稽古。

終了後、急いで師匠のお宅へ。これから数回演奏することが決まっているバッハの「無伴奏パルティータ」をみっちりレッスンしていただき…。

終わって帰宅したら、23時でした。

そして、またフルートケースを開ける私(笑)。
レッスンの復習と、明後日青森で演奏する曲の練習をして、やっと一息。ふぅ。

それにしても、モーツァルトとバッハの素晴しい作品に一日中どっぷり浸かれるって、本当に幸せなことだなぁ…としみじみ感じています。

これを『贅沢』と言わず何と言う!という感じ。

大好きな音楽、大好きなフルート、大好きな作品に関わり続けていられる幸せ。より良いものを追及していく喜び。

これも全て、たくさんの方々が見守り続けてくださっているお陰です。全てのことに、感謝感謝。


さて、私は明日お昼の新幹線で、青森県の下北半島、むつ市へ行ってきます。

むつ市の新しい市庁舎を記念してのコンサート。宮下市長をはじめ、むつの皆様との再会がとっても楽しみです♪

※夜は、温かいほうじ茶を飲みながらのんびりするのが日課です。
お供は、今後演奏する曲(勉強中の)楽譜たち…。どっさり。。
 

2009/09/21

やはり、モーツアルトのオペラはたまらなく素晴らしいです!

リハーサルが進み、ソリストと合唱の方々が加わったこともあり、ますます偉大な音楽の力を感じています。

モーツアルトのオペラは、王侯貴族を中心としたシリアスなイタリアの『オペラ・セリア』(「ティト王の慈悲」「イドメネオ」)、喜劇的な『オペラ・ブッファ』(「コシ・ファン・トゥッテ」「フィガロの結婚」)、おとぎ話に近いドイツの『ジングシュピール』(「後宮からの誘拐」「魔笛」)と系統が分かれています。(その他、幕数や楽曲の形式などでの分類もあります。)

今私が携わっている「ドン・ジョヴァンニ」は、「フィガロの結婚」などと同じ『オペラ・ブッファ』として定義づけられているのですが…、この分類については、これまで多くの物議が醸し出されてきました。

というのも、ドン・ジョヴァンニの地獄への場面の強烈な音楽や、執拗に彼を追いかけるエルヴィーラのキャラクターとその音楽に、通常の「オペラ・ブッファ」らしからぬ悲劇性が多々感じられ、悲喜劇両方の要素を受け取ることができるからです。

また、序曲冒頭のシリアスなこと。「これが喜劇!? んなわけないやん!」と一人で突っ込みつつ(笑)、他のアリアも演奏をしながら、明らかに「笑えない音楽、状況」に、「フィガロ~」とは違う何かを感じています。

そんなわけで、コミカルさだけではない様々な劇的要素が加わることで、さらにドラマチックで壮大な印象を与える作品になっていることは間違いありません。

実は、かなり涙もろい私。本番で感情移入しまくってウルウルしてしまわないかだけが心配ですが…、この素晴らしい作品に浸れる幸せを噛みしめながら、引き続きリハーサルを頑張ってきます!!

※写真は、リハーサルの休憩時間。…なのにみなさん練習中。

2009/09/17

今週も盛りだくさん。毎日リハーサルに出かけています。

昨日は、ピアニストの圓井晶子さんと、メゾソプラノの佐藤寛子さんと、来週むつ市でのコンサートのためのリハーサル。圓井さんとはいつも少しづつ新レパートリーを開拓していますが、今回も初めて挑戦する曲があるため、昨日は念入りに合わせをしました。あとは私が暗譜を頑張るのみ!!

そして今日は、久しぶりにTrio Action!!!で集まっての曲決めとリハーサル。昨年9月にvol.1の演奏会をした私たちですが、この秋冬はこのトリオで5回の演奏会が決まっています。今後のリハーサルを含め、みんなでまた楽しい時間が過ごせそうです♪

明後日からは、待ちに待った「ドン・ジョバンニ」のリハーサルが1日7時間ずつのスケジュールで始まります!(長丁場!)

予習のために毎晩帰宅してから少しづつスコアを読んでいますが、7月に演奏した「フィガロの結婚」と、似ているところと全く違うところがあり、比較しながら勉強していくことがとても楽しいです。

有名なアリアが次から次に目白押しですので、超豪華フルコースディナーを堪能しているような気持ちで、毎回のリハーサルを味わって吹いていきたいと思います!

※写真は、圓井晶子さんとリハーサル後に♪

2009/09/15

高校からのクラスメイト、ヴァイオリニストの白井圭くんがミュンヘン国際コンクールで2位とオーディエンス賞を受賞したとのビッグニュースです!期間中、サイトを見たり、友達からの報告を受けつつ応援していましたが、ファイナルの結果を聞いて感激しています!

高校のときから飛び抜けていた白井くんですが、今回の結果は彼の絶え間ない努力の結晶だと思います。本当にすごいことです!心からの尊敬と祝福の気持ちでいっぱいです。


また、同高校・大学の先輩が元気なお子さんを出産されたというニュースも伺いました。新しい命の誕生は、何よりステキなこと。本当におめでとうございます!

そして、イチロー選手の偉業達成ニュース!実は私は中学生の頃からイチロー選手の大ファンなので…これまたとっても興奮の嵐!

先日の友人結婚式に続き、嬉しいニュースがたくさんで、私も幸せ気分いっぱいです♪

※写真は、両手をあげた欲張り招き猫ちゃん。良い笑顔です。

2009/09/14

以前、こんな文章を読んだことがあります。

「世界の人口は60億を超え、今なお増え続けています。60億ということは、例えばこの世界の人々に一人ずつ、たった一秒ずつ会っていくだけでも、190年以上かかる計算になります。そんな中、人と出会い、たくさんの時間を共有していくことは、奇跡に近いこと。」…といった内容のもの。

先日、友人の結婚式とその披露宴でその新しい門出をお祝いさせていただきながら、この「奇跡」について考えを巡らせていました。

今この時代に生まれ、今この時を共に過ごしている人々。そして様々な形で出会い、時間を共有していく。あたりまえのように感じてしまいそうな日常も、決してあたりまえではないことばかりです。

この友人は、そんな奇跡への感謝をよく口にし、いつも明るく前向きな姿勢と笑顔を絶やさず、周りにいる人たちを本当に大切に思って暮らしている人です。

優しい思いやりに満ちた魅力に溢れているから、周りのみんなも彼女のことが大好き。

この日、たくさんの人がお祝いにかけつけ、共に喜んでいる姿を見て、彼女の日々の努力や心がけの素晴らしさが表れているなぁと感じました。また、私もそんな素敵な友人の新しい門出をお祝いすることができて、本当にうれしく幸せに思います。

『日々の出会い、出来事への感謝を忘れず慢心せず、いつも応援してくださる方々や、家族、友人、お世話になっているたくさんの方の幸せを願いながら生きていきたい』と、自分自身も、思い改めるきっかけとなった一日でした。

H子ちゃん、心あたたまる素敵な一日を本当にありがとう! どうか末永くお幸せに♪

※写真は、披露宴後いただいた花束です。

2009/09/11

先日の「幼稚園コンサートのために絵を描いた」という話題について、「どんな絵を描いたのですか?」「ぜひ載せてください」というメッセージをいただきました。

←「ジャーン!!」
いかがでしょう♪

私は幼少の頃からジブリが大好きな『自称・ジブリスト』です。そんなわけで、このトトロは何も見ずにヒョイヒョイと描けました(笑)。

(例のイラスト含め)私が描くものは子供っぽいものばかりですが、いつもとても喜んでいただけるので、嬉しくて色々と描いてしまいます…。

さてさて、明日は友人の結婚式。演奏とスピーチでお祝いをさせてもらいます♪
きっと素敵な式と披露宴になるので、とっても楽しみです。

Please reload