© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2009/12/30

ソウルから帰国してからの数日間、激動の日々を送っていました。 

12月23日、天皇誕生日の夜遅く、父方の祖父が亡くなりました。私は、翌日24日に丸の内シャングリラホテルで演奏を終えた後、空港へ直行し、最終便で高松の実家へ戻りました。 ずっと見守り続けてくれた祖父との悲しいお別れでしたが、これからはもっとそばで聴いていてくれるような気がします。 

26日は兄の結婚式。教会ではシューベルトの「アヴェ・マリア」をチャーチオルガンと演奏し、披露宴ではお祝いの言葉と演奏を贈りました。幸せな笑顔が溢れた素敵な結婚式でした。 

29日は軽井沢でプライベートコンサート。朝一の飛行機で出発し、到着してすぐに集中したリハーサルを行い、夜にはコンサートの本番というちょっぴりハードなスケジュールでしたが、心から音楽を楽しんで演奏することができました。

チェロ奏者の花崎薫さんとヴィラ=ロボス「ザ・ジェット・ホイッスル」
ピアノの石橋尚子さんとドップラー「ハンガリー田園幻想曲」
クラリネットの山本正治先生とファゴットの長哲也さんとモーツアルト「ディベルティメント」を
演奏しました。お世話になった古屋圭司さま、軽井沢で演奏を聴いてくださったみなさま、ありがとうございました!! 

今年もあと数時間です。2009年は全国各地へ演奏旅行をさせていただきました。新たな出会いや、旅の思い出は尽きません。人の心の優しさや温もりを肌で感じ、大きな力をいただき、元気に明るく走り回ることができました。 

みなさまに感謝しています。

※写真は、今朝、新幹線から見えた富士山です。

2009/12/22

昨夜遅くに、韓国から無事に帰国しました。

出発したのがたった5日前だなんて信じられないくらい、山ほどの経験をすることができました。

日常と離れた環境で落ち着いて考えたり学んだりしたことは、きっと今後の大きな糧になると思います。

また、一緒に旅した先輩や先生方からいただいたアドバイスがためになることばかりで、本当に充実した時間を過ごせました。

久しぶりのマイベッドでぐっすり休んで、今日は朝からレコーディング作業でスタジオにこもっています。

ソウルの気温が毎日マイナスでとっても寒かったので、日本がぽかぽか暖かく感じてなんだか不思議な感じ…。。

※写真は、最終日に、景福宮(李王朝に建てられた王宮)を訪れたときのものです。

 

2009/12/11

来年2月28日、品川きゅりあん大ホール(JR大井駅前)にて出演いたします、「きゅりあんスプリングコンサート」のチケットが、先日、12月5日より販売開始となりました。

東京フィルハーモニーさんとの共演で、モーツァルトの協奏曲ニ長調を演奏します。 

チケットは全席指定、S席3000円、A席2500円。「きゅりあんチケットセンター03-5479-4140」&「チケットぴあ0570-02-9999」でのお取り扱いです。 

大好きなモーツァルトの世界をみなさまにお届けできるよう、頑張って準備します。ぜひぜひお越しくださいませ♪
 

2009/12/07

コンサートやレッスンなど、自分の中のものをドンドンと出していく作業が続くと、無性に本や新聞、スコアが読みたくなります。

「この衝動はなんだろう、また睡眠不足になっちゃうじゃないか~!!(読みだすと止まらないため) 」と困っていましたが、これは人間の本能的なバランス感覚によるものなのか…と思う今日この頃です。

アウトプットの作業が続くと、新しいことをインプットしたくなる。

             畑が水を欲するように。人が呼吸をするように。

そんなわけで、今年は大量の本やスコア、CDに埋もれながら過ごした日々でした。

さてこれから1週間半ほどは、今後に備えてインプット作業の日々です。盛大にアウトプットできるよう(まだお知らせできていないものがたくさんあります*^^*)、一生懸命勉強です!!

※ホールの舞台袖には、連絡用や楽屋の割り振りを記すホワイトボードが置いてあることが多いです。そして、こっそり、らくがきを楽しむ私…。でもこれじゃあ誰が描いたか、一瞬でバレますね(笑)。写真は杉並公会堂のボードです。


 

2009/12/06

昨日と今日は、みっちりレッスンDayでした!!

ご縁があって今回初めて指導に伺った「みずほフィルハーモニー」。木管セクションのアンサンブルを聴かせていただいたのですが、素晴らしい演奏で感動的でした!

みなさんご多忙の中、いつ練習されているのでしょう(><)。難しいプログラムにも関わらず、難なくこなされていてビックリです。そんなわけで、テクニックも音楽もかなり高度な要求をしまくってしまいましたが、すぐに対応できる音楽的瞬発力と余裕までもが完全装備されていて、またまた驚きと感動の嵐…。

1月16日すみだトリフォニーでの「みずほフィルハーモニー第17回定期演奏会」を、聴きに伺うことが楽しみです!!

そして今日は、長~いお付き合いの「横浜市立大管弦楽団」フルートパートのレッスン。今の現役学生さんの随分前の代から知っているので、古株か長老にでもなった気分でいますが、こちらもいつもとても素敵なアンサンブルを聴かせてくれるので楽しい時間を過ごしています。

みんな、12月26日の「横浜市立大管弦楽団 定期演奏会」、頑張ってね!! 

そんなオーケストラのレッスンの前後に、個人の生徒さんのレッスンがびっしりで、またまた声がドラえもん状態(喋りすぎ?!)。一人で「のーびーたーくーん」と言って遊んでいます(笑)。

※写真は、山形で出会った美しい紅葉です♪

2009/12/05

3日ダク(管楽器専門店)スペースDuにて、4日ルピシア自由が丘本店(紅茶専門店)ティーサロンにて、トリオアクション!!!のクリスマスコンサートが無事に終了いたしました。

間もなく結成3年目を迎える私達のトリオ、たくさんの方に見守られ、助けていただきながら経験を重ねています。

今回のコンサートでは、新レパートリーとしてチャイコフスキーの「くるみ割り人形」を作曲の先生に編曲していただき、ピッコロ、フルート、アルトフルートを3人で忙しく持ち変えながら演奏しました。

これがまた最高に楽しくて、練習段階から3人でノリノリ状態。(もはや「歌って踊れるトリオ」という副題でもイケるかも(笑)。)

コンサートにはビックリするほどたくさんの方がお越しくださり(3日は冷たい雨が降り続けていたので心配していました。そして4日は満席でした!)、とても嬉しく幸せな時間を過ごすことができました。

ダクの福田社長をはじめとするスタッフの方々、ルピシアの高橋さま、シェフやお店のみなさま、大変お世話になりありがとうございました!

※12月4日はフルートの神様と呼ばれる巨匠、マルセル・モイーズの生誕120周年記念の日でした。私たちがフルートということで、それをわざわざ調べてメニューに取り入れてくださり、フルート型のエクレアまで作ってくださいました。ルピシアのシェフさんの、優しいお心遣いに感激です!!


 

2009/12/02

「確かな一歩の積み重ねでしか遠くへは行けない」 
byイチロー

「転んだら立てばええ。雨が降ったら傘させばええ。」
by松下幸之助


写真のとおり、とびきり美しい夕焼けにつられて、ふと頭に浮かんだ心強い言葉とともに人生について考えを巡らせた黄昏時でありました。

(特に何かあったわけではありませんが。。。)
 

2009/12/01

メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」。

魅力溢れる旋律と印象的なリズム感が醸し出す瑞々しく華やかな世界は、天まで突き抜けるような澄んだ真っ青な空を思い浮かべさせます。一言でいえば、「あざやか!」という感じでしょうか。

私は、喜びとエネルギーに満ちたこの曲が大好きで、もう全てのパートをほとんど覚えてしまっているほどです。

これまでに何度も演奏したことがありますが、今回また演奏に参加する機会をいただくことができ、感激しながら迎えた東京フィル千葉定期。

それぞれの方々が白熱した演奏を繰り広げながら、アンサンブル中にウィンクが飛び交うような、なんとも言えない音楽的な喜びに満ち満ちた舞台でした。

私自身も、色々と試していたことがうまくいったり、新しく掴めた感覚があったりと、かなり充実した時間を持てた実感がありました。

素晴らしい作品を、素晴らしい方々と演奏でき、そして満席のお客様に聴いていただけるという幸せ…。ザ・トリプルハッピー!!

※マカロンの鮮やかな色彩に癒されながらの、休憩タイム。


 

Please reload