© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2011/03/12

昨日の地震から一夜明けて被害の甚大さが明らかになっていき、とても心が痛みます。
これ以上被害が拡大しないことを祈るばかりです。

私のことまでご心配いただきメッセージをくださった皆さま、ありがとうございます。
自宅でレッスンをしていましたが、生徒さんとテーブルの下に避難して静まるのを待ちました。

明日予定していました岩槻での「スプリングコンサート」は中止となりました。
たくさんのご応募があったと伺っておりましたが、岩槻市ではまだ停電している地区もあるそうで、皆さまがどうかご無事でまた演奏を聴いていただける日がくることを祈っています。

2011/03/11

前回の更新からあっという間に1ヵ月が経ってしまいました。コンサートなどへ向けての練習や準備、新しく挑戦する曲の譜読みに並行して、受験やおさらい会直前のレッスンが立て込んでいました。そんなわけで、ここ最近は毎日朝から深夜までフルートを吹いている日々です。

2月24日は、荒川洋さんの新しいCDのレコーディングに参加しました。荒川さんはソロ活動や新日本フィル首席フルート奏者としてご活躍されている傍ら、作曲家としても大きな信頼と人気を集めている方です。今回のCDは、そんな荒川さんがこれまで作ってこられた曲の(自作自演)アルバムで、私は「Instrumental Color 1」という作品の演奏に加わりました。
美しい和声と魅力的なメロディー、イキイキとしたリズム…、一度聴いたら忘れられないようなとても素敵な曲です。

27日は、両国国技館で行われた「5000人の第九コンサート」に2ndフルートで出演しました。初めて訪れる国技館は何もかも大きくて、自分がこびとになったような(←ちょっと大袈裟ですが^^;)不思議な感覚がしました。5000人の合唱はとにかく大迫力!またまた貴重な経験をさせていただくことができました。

3月3日は、数年前から指導で関わっている早稲田大学管弦楽団(ワセオケ)フルートパートのおさらい会に参加しました。このコンサートのために一生懸命努力を重ねていたみんなの姿をそばで見ていただけに、成長を感じて嬉しい時間でした。それぞれの講評を書いて、私も特別演奏という形で短い曲を演奏しました。

8日は、5月に発売予定の「賛美歌チャリティーCD」のレコーディングでした。9時間吹き続けで全16曲を収録しました。
美しい賛美歌を、三宅悠太さんと羽深由理さんがフルートとピアノの小品に編曲してくださいました。協力してくださった方々の心強いサポートのおかげで、最後まで気持ちよく吹き通すことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

岩槻のコンサート、京都でのコンチェルト、レコーディングへとこれからもスケジュールが続きますので、精一杯頑張ります!

※写真は、両国国技館でのコンサート後。客席から撮ったものです。

 

Please reload