© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2011/08/19

今年の里帰りも短い時間でしたが、地元の学生さんたちのレッスン、四国新聞社のインタビュー、コンサートの打ち合わせのほか、お墓参り、そして大好きな祖父母や親戚、生後5ヶ月になった甥っ子にも会えて、充実した滞在でした。

CDが発売になってもうすぐ1ヶ月ですが、たくさんの方々から感想のメッセージをいただきとても嬉しいです。ありがとうございます!

今週月曜日の朝日新聞夕刊「今月のCDセレクション」に「歌楽-イサンユンフルート作品集-」が推薦CDとして取り上げられました。
「韓国を代表する作曲家ユンの独奏フルート曲集。歌も、リズムも、音色も、流れる風にも似て自然で快い。新星、上野の水を得たかのような演奏が感動の密度を濃く豊かにする。」と評論家の諸石幸生先生の評をいただきました。

また、7月29日の日本経済新聞夕刊には「フルートの上野由恵がイサン・ユンの深く、演奏至難な作品に正面から挑む。新世紀の解釈に触れる好機だ。」との記事が掲載されました。

とても光栄なことで、嬉しく思うと同時に身を引き締めてこれからの活動に取り組んでいきたいと思っております。

さて、来週末はタワーレコード渋谷店6Fにてインストアライブがあります!
インストアライブ…高校生のころからCDを買いに行ってはよく遭遇して憧れていた場です。
ピアノの石橋尚子さんと、CDに収録した曲の中から数曲演奏します!観覧自由ですので、お時間ございましたらぜひお越しください♪

2011/08/14

今月発売の「バンドジャーナル」9月号12ページ、「ザ・フルート」9月号63ページにインタビュー記事が掲載されています!

また、「レコード芸術」8月号の裏表紙に広告写真が掲載されています!

よろしければぜひご覧ください♪

今後発売になる音楽雑誌にもインタビュー掲載の予定がありますので、またこちらでお知らせいたします。

 

2011/08/14

8月6日から4日間は、山梨県河口湖近くの西湖湖畔で、早稲田大学交響楽団(通称ワセオケ)のフルートパート合宿に参加しました。毎年の恒例行事、今年で5回目の参加になります。

朝から夜までレッスン三昧、そして夜は宴会(私はジュース担当ですが)の濃厚な合宿生活、学生さんたちと一緒になって頑張りました!

山の中で窓を開けてフルートを吹いていると、すがすがしくて気持ち良いだけでなく、「音楽と自然は切り離せないものだな」という思いが強くなります。

鳥の声、風の音、木々のそよぎ、、、自然は音で溢れています。

現代の慌しい日常の中にあると、そういったことを忘れてしまいがちになりますが、自然に心を傾けることは音楽の道にとっても大切なことであると感じました。


※写真は、実家近くの海にて。(お盆休みで、昨日帰省しました。)

Please reload