© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2012/07/20

6月後半は、東京→札幌→東京→高松→東京→熊本→東京、とまた飛び回っていました。1週間のうちに6回も飛行機に乗ったのは初めてかもしれません。

札幌コンサートホールKitaraへは、洗足学園音楽大学の地方講習会で訪れました(6月17日)。
以前より友人たちから「森に囲まれていてとても素晴らしい環境にあるホールだよ」と耳にすることが多かったので、今回の訪問をとても楽しみにしていました。当日は雨模様でしたが、噂に聞いた通り美しい緑に囲まれた会場で、レッスン生との出会いを楽しみながら気持ちよく過ごすことができました。(※左の写真は、ホールを出たところの写真です。)

6月20日は高松へ。9月の「東京オペラシティ主催 B→Cリサイタル/高松公演」についての新聞インタビューと打ち合わせのための帰省でした。この日のインタビュー記事は翌日の四国新聞に掲載され、読んでくださった方々からたくさんご連絡をいただきました。ありがとうございます。
(※このHPメディア欄(6月22日)のURLから記事のサイトに飛ぶことができます。)

その後、6月24日から3日間は熊本に滞在しました。いつもお世話になっている芸大音楽教育学の佐野靖教授と、そのチームとしてよくご一緒している前田拓郎さん(ピアノ)、長尾春花さん(ヴァイオリン)と3回のコンサートがありました。
初日は豪雨に見舞われ、コンサート開催も心配される状態でしたが、無事に終えることができホッとしました。お世話になった皆さま、ありがとうございました!

「経験したことのない雨」と発表されたのはその数日後でした。滞在中の雨もものすごいものでしたが、それ以上と聞き、驚愕していました。これまでコンサートでお会いした九州の皆さまのお顔を思い浮かべながら、心配していました。心からお見舞い申し上げます。

2012/07/19

6月15日は丸の内トラストシティでのランチタイムコンサートに出演しました。

会場となったトラストシティのロビーは、吹き抜けの開放的な空間で音の反響もよく、また壁一面のガラスからは都会の木々が見え、日頃の慌ただしさからスッと解放されるような素敵な場所でした。

フルートの名曲からジュナン:ヴェニスの謝肉祭、アンコールは初夏の陽気に合わせてボサノバを選んでみました。

今回初共演となったピアニスト浅川真巳子さんの明るくて気さくなお人柄に癒されつつ、お集まりいただいたたくさんのお客さまと笑顔いっぱいでコンサートを終えられて、幸せな一日でした!

Please reload