© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2013/07/18

レコーディングの翌日は、上板橋第四小学校を訪れました。

開校記念行事の一つとして企画されたアウトリーチコンサートで、子供たちにトークをしながら演奏を聴いてもらいました。

元気いっぱいの子供たちが、明るい曲は笑顔で、静かな曲では真剣に、リズミックな曲では体を揺らしながら、素直に音楽を楽しんでくれている様子が伝わってきて感動しました。

また、後日いただいた感想文も素敵な言葉が溢れていて、顔がほころんでしまうものばかりでした。一部抜粋します。

・音楽は、きいて、心で楽しむものだとおもった。ゆったりしている曲では心がおだやかになった。(6年)
・カルメンは音楽全体がストーリーになっていてとても面白いと思いました。(5年)
・とちゅう、ピアノとフルートが会話をしているような場面があって、とても楽しかった。(6年)
・シシリエンヌは、船で旅をして、ジャングルに入ったりしているのかな、と感じた。(5年)
・2つだけの楽器なのに、いろいろな音があり、2つ以上に感じた。(6年)
・浜辺のうたは、ほんとうになみの音がきこえてくるようでした。(3年)

私自身を振り返ってみると、子供の頃の感動が人生の原動力になっているように感じています。どんなに小さなことでも、胸にポッと明かりが灯るような経験を子供たちに提供できたらと願いつつ、このようなアウトリーチ活動も長く続けていきたいと思っています。

※写真はピアノの前田拓郎さんと演奏後に。

2013/07/17

オクタヴィアレコードのレコーディングに続いて、テイチクエンターテイメントから発売される小品集のレコーディングがありました。

コンサートのアンコールなどでもよく取り上げる美しい小品の数々をハープの内田奈織さん、ピアノの石橋尚子さんと共に演奏しました。1曲1曲それぞれの情景や物語性が出るよう、想いを込めて演奏しました。

このCDは、音楽療法シリーズの1枚として「くつろぎのフルート」というタイトルで8月7日から発売されます。

詳細はこちら↓
http://www.teichiku.co.jp/catalog/others/2013/TECD-21607.html (しばらくしたら試聴も可能になるようです)


※10時間にわたるレコーディング後、お世話になった皆さんと笑顔で記念撮影!
 

2013/07/16

オクタヴィアレコードから今秋発売予定の3枚目のアルバムのレコーディングでした。

「次にレコーディングするなら絶対このテーマでいきたい!」と、かねてからあたためていた企画が実現し、ワクワクしながら迎えた3日間・・・。

前回に引き続きピアノの石橋尚子さんの絶大な支えのもと、大尊敬するオクタヴィアレコードの江崎友淑社長、敏腕ディレクターの小野啓二さんをはじめとするプロフェッショナルな皆さんにサポートされながら精一杯音楽に向き合い、没頭し、最高に充実した時間を過ごしました!

今から仕上がりが楽しみで仕方ありません!!

内容や発売日については、またこちらでお知らせします♪♪

 

2013/07/15

ゴールデンウィークまっただ中、有楽町の東京国際フォーラムで開催された「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013」にピアノの須藤千晴さんと出演しました。

このイベントは、毎年違ったテーマにスポットをあてて開催されているもので、今年のテーマは「パリ、至福の時」(パリを彩ったフランス、スペインの作曲家たち)でした。私は、このテーマから最初に連想した曲、「ボルヌ:カルメン幻想曲」をメインに数曲演奏しました。

特設ステージはメリーゴーランドのような円形で、360°お客さまに囲まれての演奏でした。そして、なんと1000人以上の方が足を止めて聴いてくださいました!

様々な国の料理を提供する屋台が出たり、ホールだけでなく丸の内周辺でも無料のコンサートが多数行われたりと、お祭りムード溢れる素晴らしいこの音楽の催し。来年は記念の10回目を迎えるそうです。今年の来場者は51万人だったそうですが、これからさらに規模が拡大して、たくさんの方にクラシック音楽を身近な存在として楽しんでもらえるよう祈るばかりです。
 


 

2013/07/14

爽やかな五月晴れの中、初めて宮崎を訪れました。

宮崎国際音楽祭のプレイベント、「みやざき国際ストリート音楽祭2013」への出演でした。

高木綾子先輩に声をかけていただいて集まったメンバーで、モーツァルトのアレンジものや、綾子さんがジャケ買いならぬタイトル買いしたという「ショッカー:妖精たち」(←とてもいい曲でした!)など、盛りだくさんのプログラムでした。

宮崎の街は開放感に溢れているように思いました。真っ青な空、木々の緑、鋭い日差し、全ての色が鮮明で、それぞれがくっきりと街を彩っていて印象的でした。

お世話になった地元の方々も明るく気さくな方ばかりで、美味しいお料理とともに楽しい想い出となりました!
 

Please reload