© Yoshie Ueno  all rights reseived

​NEWS

2014/04/26

4月26日、生命力溢れる新緑に包まれた上野の森美術館で、今年も『上野由恵フルート音楽日誌』を無事に開催することができました。

毎回さまざまなゲストをお迎えしているこのシリーズコンサート。今回はチェンバロ奏者の山縣万里さんにご出演いただき、バロック音楽を中心として幅広い時代、ジャンルの音楽をお届けしました。
山縣万里さんの素晴らしい演奏と、チェンバロ制作家である加屋野木山さんの楽しい楽器紹介のおかげで、今回も充実した内容でお届けできたように思います。(MCもヒートアップ!?)

このシリーズをスタートさせていただいてからもう7年が経ったことに、自分自身が一番驚いています。
これも上野中央通り商店会、上野のれん会、上野の森美術館の皆さまの多大なるご協力のおかげと感謝しています。(今年も、あんみつの「みはし」さん、洋食の「黒船亭」さんが、あんみつのお土産セット、肉厚カツサンドをお客さまへと提供してくださいました。)

また、「音楽を楽しもう!」という前向きな気持ちでお越しくださるお客さまが多く、あたたかい笑顔に包まれて演奏できることが、私のさまざまな活動の大きな励みになっていると実感します。

今回も、アンケートや、HPコメントフォームからたくさんの感想やメッセージをいただきました。この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

来年のvol.8は、2015年4月29日(水)を予定しています。また趣向を凝らして楽しいプログラムを組みたいと思っていますので、どうぞご期待ください☆

※今回の共演者、チェンバロ奏者の山縣万里さんと。
 

2014/04/24

佐賀でのコンサート翌日、電車を乗り継いで三重県の伊勢市へ。
31日まで滞在し、「伊勢市厚生中学校」「伊勢神宮」「伊勢市音楽祭」での3つのコンサートに出演しました。

伊勢神宮での演奏は「奉祝演奏」と呼ばれるもので、式年遷宮を記念した催しでした。

奉祝演奏当日の午前中、天候が悪化し、信じられないような大嵐に見舞われました。出演が近づくにつれ風雨が次第に強まり、舞台にも雨が吹き込むような状況となりましたが、大雨の中の舞台は息をのむくらい神秘的で美しく、特別な演出がされているかのような錯覚さえ覚えました。

舞台に立った時、「ああ、今自分はまたとない経験をしている」という想いが込み上げてきて、時折吹く突風に煽られながらも一心不乱に演奏をしました。

そして演奏が終わると、それまでの大雨がウソのように晴れ間が出てきて、午後にはスッキリとした青空が広がっていました。とても不思議な、そして生涯忘れられない素晴らしい経験でした。

厚生中学校、伊勢音楽祭での演奏も、多くの方に笑顔で聴いていただくことができました。
今回、素晴らしい経験をさせてくださった、ふるさと感謝プロジェクトの皆さまに、心から感謝いたします。

※演奏直後、奉祝演奏の会場「せんぐう館」での一枚です。

2014/04/23

3月27日は、佐賀県伊万里市の前田病院ロビーでコンサートがありました。
初めて訪れた伊万里市はちょうど桜が咲き始めた季節と重なり、美しく豊かな景色が広がっていました。

前田病院は、充実した施設を有する立派な建物で、美しい芝生の庭に面した全面ガラス張りの広いロビーでは定期的にコンサートが開かれているとのこと。楽しみに集まってくださった皆さまと、充実した時間を過ごすことができました。

この日は、地域の方々だけでなく、私のホームページを見て福岡市や久留米市からお越しくださった方もいらっしゃいました。こうしてたくさんの方と音楽を通して心を通い合わせることができることに、大きな幸せを感じています。

お世話になりました前田病院の前田拓郎先生、前田利郎先生、ピアニストの前田拓郎さん、前田ゆりのさん、ありがとうございました。

※終演後に。ゲスト出演のピアニスト、前田ゆりのさんを囲んで。

Please reload