© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

11~12月の演奏会

2007/12/29

 

今年も残すところ、あとわずかとなりました。みなさまお変わりありませんか??

11月は、オーケストラのエキストラを含め、室内楽、デュオなどの、子供のためのコンサートが多くありました。

3日に未就学児童入場可としたリサイタルを、15日に富士宮の小学校で、7、11日、12月7日には音楽鑑賞教室を、30日には下田の幼稚園で子供達を対象に、それぞれ違った編成、プログラムで演奏をさせていただきました。
子供達の反応は素直で、目をキラキラさせながら聴いてくれる様子に、こちらも自然と真剣になります。
「感性を育む大切な時期に、できるだけいいものに触れて何かを感じ取ってほしい・・・」という一心で、一生懸命演奏してきました!
曲の生まれた背景やストーリーを知ることで、「音楽って楽しいんだな」と少しでも興味を持ってもらえたらとても幸せなことです。

そして演奏後、学校や幼稚園を後にするとき恒例なのが・・・・、子供達からの握手攻め「もみくちゃ」大作戦です(笑)大勢の児童に囲まれて(半分倒されそうになりながら)「お姉ちゃんありがとう!!」「楽しかったよ!!」「また来てね!!」など口々に言ってもらえる瞬間は、コンサートのおまけの、とても嬉しいひとときです。  
今後も、このようなコンサートには積極的に参加していきたいと思っていますし、いつになるかはわかりませんが、子供達に向けて趣向を凝らしたコンサートを企画したりしていけたらな、などと思っています。

12月は、大学院修士課程の学位のための論文提出がありました。
私は、《イサン・ユンの音楽~フルート作品にみる主要音技法の特性と演奏法~》という題で、かねてから研究してきたイサン・ユンという韓国人作曲家について論文を書きました。コンサートとリハーサルの合間を縫ってパソコンに向かう日々は少々大変でしたが、調べていく中でさらにイサン・ユンについて知ることができ、また、自分の意見をまとめることで新たな発見もあり、とても有意義な経験となりました。

コンサートは、15、19、22、24(2回)、25日とすべて違うプログラムのものが続き、それに伴うリハーサルも平行して行われたので、準備のバランスと体調管理にとても気を使いました。

15日は、ハーピストで親友の岩城晶子さんと、芸大の美術学部彫刻科のパーティーで演奏させていただきました。金属加工の大きな機械が並ぶアトリエにハープがある光景はなんとも不思議でしたが、普段あまりお話することのできない美術学部の先生方や学生さん達との交流は、とても刺激的なものでした。

19日は横浜労災病院で、友人の小山裕幾さん、泉真由さんとフルートトリオの演奏をしました。彼らとは今年3月に講習会で知り合い、意気投合してそれ以来とても仲良くしています。リハーサルから笑いが絶えず、おなかを抱えて笑いながら(でも真剣に!)音楽作りをしました。
学校も学年もそれぞれ全く違う私達ですが、フルートを通して語り合い、とても楽しいアンサンブルになりました。

22日は、ヴァイオリニストの平澤仁さん、加藤玲名さん、ヴィオラ奏者の高平純さん、チェリストの金木博幸さん、ハーピストの田島緑さん、メゾ.ソプラノの長谷川忍さん、ピアニストの太田紗和子さんとのコンサートで、モーツアルトのフルート四重奏曲やクリスマスメドレーなどを演奏しました。初めて共演させていただく方が多かったのですが、みなさんとても優しくて楽しくて、あっという間の本番でした。プログラムに、ジャズの要素を持つ曲があったので、アドリブなるものを色々入れてみたのですが・・・・出来はイマイチ・・まだまだ修行が足りません(笑)

24日は、東京都庭園美術館で木管5重奏とピアノという編成で2回のコンサートをさせていただきました。このコンサートは、1ヶ月ほど前に、「両公演とも完売」という、嬉しいお知らせを受けました。クリスマスイヴという日でしたのに、本当にたくさんの方々が温かく真剣に聴いてくださり、感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。

25日は、大学院修士課程の科目である、修士リサイタルを学内のホールにて行いました。オーボエの青山聖樹さん、チェリストの羽川真介さん、チェンバロ、フォルテピアノ奏者の小倉貴久子さんという素晴らしい方々に共演していただき、大好きなJ.Sバッハ、C.P.Eバッハのトリオソナタを演奏しました。バロック時代の室内楽は、演奏する喜びが溢れてくるものばかりです。
今回も、心から音楽の喜びや幸せを感じながら演奏することができました。

どのコンサートも、たくさんのスタッフの方々の支えによって成立したものです、この場をお借りしてお礼申し上げます。また、年末のお忙しい時期であるに関わらず足をお運びいただいた多くの方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

それでは、みなさま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ♪


※写真は、東京都庭園美術館でのコンサート中の様子です。撮影:ボックリ博士さま
 

Please reload

アーカイブ
Please reload