© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

ミサ曲

2009/01/29

 

1月17日は『横浜シティ合唱団第10回定期演奏会』のオーケストラメンバーとして、メンデルスゾーンのラウダシオン、モーツアルトのハ短調ミサを演奏しました。モーツアルトのハ短調ミサは未完のものですが、今回はレヴィン版というバージョンでたくさん曲が追加されたものでした。独唱パートのソリストがたまたま同級生や先輩など同世代だったこともあり、数日間のリハーサルも和気あいあいと楽しく参加させていただきました。

ミサ曲というのはキリスト教の典礼(ミサ)に伴う声楽曲で、キリエ、グローリア、クレド、サンクトゥス、ベネディクトゥス、アニュス・デイ(ギリシア語やラテン語)などの複数の曲で構成されています。
独唱や重唱、合唱・・・と形態も次々に変わりますし、オーケストラもそれぞれ曲によって編成が異なります。なので丸々休みの曲が続いたり、逆に吹き続けのパートがあったりします・・・。
今回のプログラム後半のモーツアルト:ハ短調ミサでのフルートパートを文字で表してみると、「休み・休み・休み・休み・休み・休み・休み・休み・休み・ドソロ!・休み・休み・休み・・・」といった具合で、「ドソロ!」以外は、隣でオーボエ奏者が「ソロ・ソロ・ソロ・ソロ・休み・ソロ・ソロ・・・」と汗水垂らして頑張っていらっしゃるのを横目に、涼しい顔をして静かに座っているのみなのです。
しかしながら、この突然の「ドソロ!」があるために、5、6曲前から気持ちはソワソワし始め、あたふた、おろおろ、手に汗を握りしめ・・・(というのはちょっと大袈裟ですが)結局、あまりのんびり優雅に過ごすというものでもありませんでした(笑)

笑い話はこの辺にして、前に書きましたとおり歌詞はほとんどラテン語。どのような事を歌っているのか、フルートのソロはどんな歌詞の付いた音楽なのか、知らないままではいけないと思い、リハーサル中、訳詞を書いた紙を譜面の横に置いて、お休みの度に読んでいました。「賛美、歓喜、栄光、憐み、平和、復活」などの言葉がふんだんに使われた文面に、深くヨーロッパに根ざした文化の力強さを感じました。信仰心から生まれたクラシック作品はとても多いので、これらに目を向け、勉強していくことは避けては通れない道です。たくさん文献などを読み、またヨーロッパを訪れた際は教会に足を運ぶなどして、理解を深めていきたいと思います。

高らかに歌い上げられた声の神聖な響きに心洗われ、私も澄み切った音をホールに柔らかく響かせられるようにと演奏してきました。

素晴らしい響きの横浜みなとみらい大ホールで、このような経験をさせていただけたことに、深く感謝いたします!

※写真は、美しい青色に魅せられ、飛行機から撮りました。見えづらいですが、中央右に富士山が写っています♪
 

Please reload

アーカイブ
Please reload