© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

約束

2009/01/29

 

1月25日は、親友の岩城晶子ちゃん(ハーピスト)を中心とした室内楽のコンサートでした。
暖かい日光が降り注ぐ半地下のホールで、お客様の優しい眼差しに包まれ幸せな時間を過ごすことができました。
お越しくださった方々、スタッフのみなさま、共演者のみなさま、ありがとうございました!

この日素晴らしい演奏で会場を沸かせた岩城晶子ちゃんとは、芸大附属高校に入学したとき(正確には入学試験の時)からずっと仲良しで、もう10年来の付き合いになります。苦しいときは励ましてあい、一緒に笑いあい、ともに同じ道を志す大切な同志です。

以前、彼女がフランスのニースに留学していた時に、遊びに行ったことがあります。もう5年も前のことですが、夏の夜、ベランダからオリーブの種を飛ばしながら、空が明るくなるまで話合った内容を鮮明に覚えています。

「人生は登山だね。自分の夢や目標を頂上だとすると、山の上までの道が見えているときはまっすぐ登っていける。でも、雲や霧が出てきて頂上が見えなくなったり、どうやって進めばいいか分からなくなるときもある。雨で足場が崩れて、ちゃんと歩けなかったり、違った方向に歩いてしまうこともあるだろうね。もしかしたら苦しい登山はもうやめたくなるかもしれない・・。
でも、一番大事なのは、孤独じゃないってことだよね。たった一人で登ってるんじゃない。違う山道を歩いて孤独を感じたとしても、山の裏側からも同じように頂上を目指して登っている友達がいることを忘れないでおこうね。
途中で出くわしたら手を取り合って、励ましあって登ろう。年をとっても、決してあきらめないで、努力を続けようね。」

文章にするとなんだかクサイ台詞ですが(笑)。
先日のコンサートで彼女の繊細かつ力強い演奏を聴いていて、あの夜の記憶が鮮明に蘇ってきて、胸が熱くなりました。
彼女は今秋からイギリスへの留学を決め、力強く進み続けています。そんな姿を見ていて、私もがんばろう!と気持ちが引き締まりました!

※写真は、昨年ドイツ滞在中に毎日のように散歩していた森です。
 

Please reload

アーカイブ
Please reload