© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

ルピシアミュージックサロン

2009/05/31

 

昨日のルピシアミュージックサロンでのコンサート、満席のお客様に見守られながら楽しい時間を過ごすことができました。大倉陶園の方々、ルピシアのスタッフの方々、お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました!

ドビュッシー「フルート、ヴィオラ、ハープのためのトリオ」、ラヴェル「亡き王女のためのパバーヌ」、イベール「間奏曲」、ドビュッシー「シリンクス」、コンサートの趣旨と重ねてドラマ「華麗なる一族」で使われた楽曲などを演奏いたしました。

これまで何度も演奏してきたドビュッシーのトリオ。一貫した雰囲気でありながらテンポや表情が次々と変わっていくので、それらを自然につなげていくことや、3つの楽器のバランスや音色の溶けあわせ方など、自然な演奏を作り上げるのが本当に難しい曲です。

今回も3人で話し合ったり試したり、色々と試行錯誤しながらリハーサルを重ねましたが、あえて決めごとは最小限にとどめて、本番の空間で最も自然な流れを大切に演奏してみました。

柔らかく素晴らしい響きの中、真剣に聴いてくださるお客さまと大勢のスタッフさんの細やかなお心遣いのおかげで、作品の中に集中することができ、より自然な演奏ができたような気がします。

演奏後は、出演者の3人で写真を撮ったり、店頭に並ぶたくさんの紅茶を物色してお気に入りを購入したり…、始終ワイワイと盛り上がりながら、とっても素敵な時間を過ごすことができました!!

※写真左ヴィオラ奏者の鈴木まり奈さん(この春より東京交響楽団団員)、写真右ハーピスト岩城晶子さん(この秋よりイギリス王立音楽院へ留学)、2人とも演奏に妥協することなく常に努力をし続けていて、本当に素敵な仲間たちです。

 

Please reload

アーカイブ
Please reload