© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

学ぶ

2009/06/14

 

BS収録、今回もまたたくさんのことを学ばせていただきながら楽しく終えることができました。

さて、この「学ぶ」ということについて、今日生徒さんのレッスンをしながら思うことがありました。

一番大事なのは、「学ぶ」の前の「気づく」なのではないだろうか、ということです。
「あ、自分にはこれが足りていないんだ!身につけたい!」と心から思ったときは、もう身についたも同然だと思います。なぜだか、そこまで(ピンポイントで自分の欠点を見つけること)が、なかなかできないものです。
一度気づけば、どう練習すればいいかのアドバイスを先生からもらったり、自分で色々試してみたりすれば必ず成果は現れてくるものですよね。

自分に足りないものに気づくためには、「自分のことを客観的に見つめる」ということが一番ですが、それともうひとつ「いいものを知る」でもあると私は思います。

最近、舞台に立って素晴らしい方々と共演させていただく中で初めて気づくことがとても多く、「もっとこう吹きたい、身につけたい」という思いは学生のころよりも多くて強いです。
「うわ~そう演奏するんだ!すごい!」などと感じながら、自分も試してみる、の繰り返し。まさにここからが本当の勉強なんだな、と思う日々です。

「いいな」、「素敵だな」、「素晴らしいな」と感じるものに日々接しながら自分と向き合っていると、もちろん自分の未熟さに落ち込むこともありますが、必ず新しい「気づき」と「学び」があります。

こうして素晴らしい共演者の方々と同じ舞台に立たせていただける日常に感謝しながら、これからもたくさんの発見と成長を重ねていきたいと思っています!

※写真は、内容と全く関係ありませんが、3月の鎌倉由比ガ浜海水浴場です♪

 

Please reload

アーカイブ
Please reload