© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

カデンツァ

2009/07/04

 

モーツアルトなどの古典派やそれ以前の協奏曲には、「カデンツァ」と呼ばれる即興部分がつくことがあります。

当時は奏者が自分の腕前や個性を発揮する場として即興で自由に演奏していたこのカデンツァ。

モーツアルトの作品には彼のカデンツァが残っているものもありますが、ないものに関しては、ベートーヴェンをはじめ、多くの作曲家や演奏家が作っています。

フルート協奏曲の場合も、モーツアルトはカデンツァを残さなかったので、その後、多くの人たちにより作曲されたものが世の中に溢れています。

私も以前は出版されたものから選んで演奏していましたが、何度か演奏しているうちに、「本来の趣旨を生かしたい」という気持ちが強くなってきました。
「時間をかけてでも自分自身のものを作ろう!」と思い立ち、取り組み始めたのは半年前。しかし、簡単にはできるはずもなく、何度も何度も書き直しを重ねてきました。

…そして、やっと今日、どうにか完成させることができました!!!

「作品の様式感から逸脱することなく、自分自身の歌心やテクニックを存分に発揮できるものを作る」となると、なかなか難しいものです。特に、和声進行などにはハッキリした決まり事があり、それに沿って作曲するのに苦労しました。モーツアルトが残したピアノ協奏曲のカデンツァを読み解いていくことも、とても勉強になりました。

今回作ったものは、まず8月1日に名古屋で演奏いたします。大きなホールでの協奏曲、そして自作カデンツァ披露が、今から楽しみです♪

今後もたくさん勉強や経験を重ねて、さらにいいものを追及していきたいと思っています!

※写真は、かわいいかわいい第一号です。
 

Please reload

アーカイブ
Please reload