© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

昨日と今日と明日

2009/09/07

 

昨日はサントリーホールでモーツァルト:ハ短調ミサ「Et incarnatus est」を演奏いたしました。この曲は、ソプラノソロと、フルート、オーボエ、ファゴットが次々と掛け合うとてつもなく美しい曲です。まるで天国の様子を垣間見るような、明るく、柔らかく、温かい音楽…。

これをどのように歌っていこうか、とリハーサル前に音を探していたら、隣で吹いていらしたオーボエ首席奏者の加瀬孝宏さんが、「客席にいる人が、まるで音が天井から降ってきていると感じるよう演奏しようよ」とおっしゃっていて、「なるほどなぁ」と納得しました。
本番ではそのイメージを大切にしながら、軽やかで明るく澄んだ音たちが会場中を笑顔で駆け巡るように吹きました。

響きの良い大きなホールだから試せることもたくさんあり、また一つ良い経験をさせていただくことができました。

さて、明日は月島幼稚園での演奏会です♪
今日はピアニストの居福健太郎さんと時間をかけてそのリハーサルを行いました。

子供たちが生の演奏から何かを感じ取ってくれるような会になるよう、曲とともに、小ネタもいろいろと仕込んでいます(笑)。果たして現代の子供たちにウケるかどうか…ドキドキ。

明日は、気持ちだけは園児に戻って(!)、みんなと一緒になって思う存分に音楽を楽しんできたいと思っています♪

※写真は、以前親友のお父様に頂いてからずっと大切にしているコンタックさんです。タイヤを後ろに引くと本当に走り出します。写真ではわかりませんがかなり小さく、それなのにチョイワルな様子がとてもかわいいです(笑)

 

Please reload

アーカイブ
Please reload