© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

友人の結婚式

2009/09/14

 

以前、こんな文章を読んだことがあります。

「世界の人口は60億を超え、今なお増え続けています。60億ということは、例えばこの世界の人々に一人ずつ、たった一秒ずつ会っていくだけでも、190年以上かかる計算になります。そんな中、人と出会い、たくさんの時間を共有していくことは、奇跡に近いこと。」…といった内容のもの。

先日、友人の結婚式とその披露宴でその新しい門出をお祝いさせていただきながら、この「奇跡」について考えを巡らせていました。

今この時代に生まれ、今この時を共に過ごしている人々。そして様々な形で出会い、時間を共有していく。あたりまえのように感じてしまいそうな日常も、決してあたりまえではないことばかりです。

この友人は、そんな奇跡への感謝をよく口にし、いつも明るく前向きな姿勢と笑顔を絶やさず、周りにいる人たちを本当に大切に思って暮らしている人です。

優しい思いやりに満ちた魅力に溢れているから、周りのみんなも彼女のことが大好き。

この日、たくさんの人がお祝いにかけつけ、共に喜んでいる姿を見て、彼女の日々の努力や心がけの素晴らしさが表れているなぁと感じました。また、私もそんな素敵な友人の新しい門出をお祝いすることができて、本当にうれしく幸せに思います。

『日々の出会い、出来事への感謝を忘れず慢心せず、いつも応援してくださる方々や、家族、友人、お世話になっているたくさんの方の幸せを願いながら生きていきたい』と、自分自身も、思い改めるきっかけとなった一日でした。

H子ちゃん、心あたたまる素敵な一日を本当にありがとう! どうか末永くお幸せに♪

※写真は、披露宴後いただいた花束です。

Please reload

アーカイブ
Please reload