© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

ドン・ジョヴァンニ

2009/09/21

 

やはり、モーツアルトのオペラはたまらなく素晴らしいです!

リハーサルが進み、ソリストと合唱の方々が加わったこともあり、ますます偉大な音楽の力を感じています。

モーツアルトのオペラは、王侯貴族を中心としたシリアスなイタリアの『オペラ・セリア』(「ティト王の慈悲」「イドメネオ」)、喜劇的な『オペラ・ブッファ』(「コシ・ファン・トゥッテ」「フィガロの結婚」)、おとぎ話に近いドイツの『ジングシュピール』(「後宮からの誘拐」「魔笛」)と系統が分かれています。(その他、幕数や楽曲の形式などでの分類もあります。)

今私が携わっている「ドン・ジョヴァンニ」は、「フィガロの結婚」などと同じ『オペラ・ブッファ』として定義づけられているのですが…、この分類については、これまで多くの物議が醸し出されてきました。

というのも、ドン・ジョヴァンニの地獄への場面の強烈な音楽や、執拗に彼を追いかけるエルヴィーラのキャラクターとその音楽に、通常の「オペラ・ブッファ」らしからぬ悲劇性が多々感じられ、悲喜劇両方の要素を受け取ることができるからです。

また、序曲冒頭のシリアスなこと。「これが喜劇!? んなわけないやん!」と一人で突っ込みつつ(笑)、他のアリアも演奏をしながら、明らかに「笑えない音楽、状況」に、「フィガロ~」とは違う何かを感じています。

そんなわけで、コミカルさだけではない様々な劇的要素が加わることで、さらにドラマチックで壮大な印象を与える作品になっていることは間違いありません。

実は、かなり涙もろい私。本番で感情移入しまくってウルウルしてしまわないかだけが心配ですが…、この素晴らしい作品に浸れる幸せを噛みしめながら、引き続きリハーサルを頑張ってきます!!

※写真は、リハーサルの休憩時間。…なのにみなさん練習中。

Please reload

アーカイブ
Please reload