© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

9~11月の演奏会

2009/11/06

 

メッセージの更新がまた遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。毎日たくさんの方々にこのホームページにお越しいただき、本当に嬉しく思っています!
さて、それではまた最近の演奏会を振り返りながら、感じたことを綴っていきたいと思います♪

9月23日は、ハーピストの平野花子さんと、銀座の十字屋ホールで「カルメン幻想曲」を演奏いたしました。平野さんとは昨年秋に初めて共演させていただいて以来の友達で、リハーサル、当日のゲネプロも楽しくわいわいと進んでいきました。本番は、満席のお客様の熱気と真剣な眼差しに、ちょっとドキドキハラハラしてしまいましたが・・・どうにか無事に終えることができました。十字屋のスタッフの皆様、お越しいただいた方々、ありがとうございました!

29、30日はNHKの番組の公開収録に参加させていただきました。コロッケさん、渡辺徹さん、太田裕美さんなど、芸能人の方々がたくさん出演されていて、本当に楽しかったです。が・・・私は緊張するソロがあったのでかなりドキドキしていて・・・、画像で顔が引きつっていないか心配です(笑)
今回感じたのは、芸能界という厳しい世界で第一線で活躍し続ける方々の、パワーと集中力の凄さです。リハーサルではまだ全然仕上がっていなくても、本番になればバシッと完璧に、アドリブも加えながら会場を盛り上げて進めていく姿は、本当に眩しく映りました。たくさんの経験と、絶え間ない努力の賜物なのだと思います。
また、素晴らしい方になればなるほど決して偉ぶらず、周りの方々に常に配慮した行動をされていることも、特に印象に残りました。以前TVドラマで共演させていただいたある有名女優の方が(私はチョイ役のチョイ役だったにも関わらず・・・)わざわざご挨拶に来てくださりビックリしたことを思い出しました。
どんな状況であっても、周りを見渡しながら気配りのできる、そんな人間を私も目指したいと強く思いました!

10月8~12日は、都内のオーケストラにエキストラで参加させていただきました。団員さんの演奏が本当に素晴らしくて感激の毎日でした。プログラムも、音楽的にとても魅力的な作品で、リハーサルを終えて帰宅してからも毎日一人ずっとスコアを見て、色んなCDを聴き比べて楽しんでいました(笑)
一人でフルートを吹いているだけでは決して味わえない音楽の深さ、おもしろさ、また怖さなどがオーケストラにはあって、最近その魅力に憑かれています。レパートリーの広さ、音楽的な深さも絶大で、これまで知らなかった素晴らしい曲に出会うたびに、幸せを噛みしめています。これからもどんどん未知の曲に挑戦して、経験を積んでいきたいと思います!

16日は、NHK-FM名曲リサイタルの公開収録でした。
この番組は、言わずと知れた有名番組です。いつも著名な素晴らしい方々が出演されていて、「私もいつか出演できるようになりたいな・・・」と漠然と思っていましたので、依頼をただいたときは本当に嬉しかったです!
録り直しなし、トークあり、全国放送・・・と、緊張要素満点の本番でしたが、「フルートの魅力、曲に込められた想いをたくさんの方にお伝えしたい!!」という一心で、精一杯演奏してきました。トークコーナーでは、アナウンサーの伊藤さんと同郷ということもあり、『讃岐うどん』話でとても盛り上がってしまいました(笑)。スタッフの方々をはじめ、進行の伊藤さん、加羽沢さん、素敵な演奏で共演してくださった大好きなピアニストの鷲宮さん、前半に出演されたピアニストの沢さん、会場にお越しいただいた皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

20~25日は、オペラの公演に参加していました。オペラで1stを吹かせてもらうのは人生初の経験でした。それも、大好きなプッチーニ!興奮しないわけがありません。
プッチーニは7月に『トスカ』の演奏会に参加させていただいて感激して以来、大好きな作曲家です。
よくもここまで・・・とため息が出るほど美しく甘い旋律と緻密に計算された転調、和声の充実、複雑に交錯するオーケストレーション。それらを巧みに、しかしとても自然に引き出しながら、(笑い、悲しみ、愛、欲望など・・)人間の持つ様々な感情を劇的に表現することを実現しています。
今回演奏した『三部作』は、プッチーニの晩年に近い作品ですので、その完成度も非常に高くて、何度吹いても新鮮で楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。一生忘れることのない、素晴らしい経験をさせていただくことができました。

25日にオペラの本番を終えた後は、そのまま福島に向かいました。翌日26日の演奏会のためです。子供たちと地域の方々に、ピアノとの小品や、フルートの珍しい奏法、モーツアルトのコンチェルトなどの名曲を聴いていただきました。
到着から帰宅するまで、ずっと出演者の皆さんとの楽しい会話が尽きず笑いの絶えない旅行でしたので、どのシーンを思い出しても顔がにやけてしまいます(笑) 大好きな仲間たちに囲まれて、本当に幸せな時間でした。

11月3日には、文化の日にちなんだ芸大のレクチャーコンサートがあり、箏との『春の海』をはじめ、ピアノとも数曲演奏させていただきました。
箏との共演は初めてでしたので、尺八のCDを聴いて勉強していきました。そうしたら、なぜかこぶしが回る回る・・・(笑)
本番後は邦楽科の方に「邦楽と違和感が全くなかった」と言われ、嬉しいような恥ずかしいような気がしています。今後また箏の方と演奏する機会があれば、どんどんレパートリーを増やしていきたいな、と思っています。

演奏会やリハーサルと並行して、レッスン(受ける方も、教える方も)あり、充実した毎日を送っています。大好きな音楽と一緒に人生を歩めることを心から感謝して、今日も頑張って練習します!

※写真は、福島での本番後、紅葉を見ながらお団子と栗に喜んでいる図です。仲良しのピアニスト、恩田佳奈さんと。

 

Please reload

アーカイブ
Please reload