© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

札幌&山形の旅 2

2009/11/17

 

山形では2つのコンサートに出演させていただきました。本番はもちろん、リハーサルや打ち上げ、そのほかの時間全て
、もう何から書けばいいかわからないくらい、素晴らしい出来事だらけの3日間でした。

山形は、昨年からたくさんの学校コンサートで一緒に全国を回っている、ソプラノ佐藤容子さんとメゾソプラノ佐藤寛子さん(姉妹で日本歌曲を重唱されていて、実力も人間性も本当に素晴らしい歌手です)の地元で、話を聞いては「行きたい行きたい!」と願っていた場所であります。

今回その願いが叶い、「こーろ・たまゆら」「やまのべ女声合唱団」の合同演奏会にゲストとして出演させていただき、山形テルサ満席のお客様に演奏を聴いていただくことができました。予想していなかった「アンコール!アンコール!」の盛大なかけ声が会場中から湧き上がり、全員で一体になって熱唱(私は演奏)した「ふるさと」の壮大な響きは、今でも耳に残ってはなれません。

打ち上げでも、それぞれの方々の素晴らしいスピーチと心温まるおもてなしに心揺さぶられ、涙があふれて大変でした。まさか打ち上げであんなに泣いてしまうとは…。佐藤姉妹を育てた吉田ユカリ先生の魅力的なお人柄、合唱団の方々や、周りの全ての方々の優しさに、感動しっぱなしでした。

人が人を思いやり、愛情をかけあい、ともに喜びを共有するという、なんとも単純で、けれど一番大切なことを、この旅で痛いほど考えさせられたように思います。

そして翌日の山形盲学校でのコンサートでも、またまた素敵な素敵な体験をすることとなります。つづく…。

※山形はちょうど紅葉の時期。美しい景色に心癒されました。

Please reload

アーカイブ
Please reload