© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

大晦日

2009/12/30

 

ソウルから帰国してからの数日間、激動の日々を送っていました。 

12月23日、天皇誕生日の夜遅く、父方の祖父が亡くなりました。私は、翌日24日に丸の内シャングリラホテルで演奏を終えた後、空港へ直行し、最終便で高松の実家へ戻りました。 ずっと見守り続けてくれた祖父との悲しいお別れでしたが、これからはもっとそばで聴いていてくれるような気がします。 

26日は兄の結婚式。教会ではシューベルトの「アヴェ・マリア」をチャーチオルガンと演奏し、披露宴ではお祝いの言葉と演奏を贈りました。幸せな笑顔が溢れた素敵な結婚式でした。 

29日は軽井沢でプライベートコンサート。朝一の飛行機で出発し、到着してすぐに集中したリハーサルを行い、夜にはコンサートの本番というちょっぴりハードなスケジュールでしたが、心から音楽を楽しんで演奏することができました。

チェロ奏者の花崎薫さんとヴィラ=ロボス「ザ・ジェット・ホイッスル」
ピアノの石橋尚子さんとドップラー「ハンガリー田園幻想曲」
クラリネットの山本正治先生とファゴットの長哲也さんとモーツアルト「ディベルティメント」を
演奏しました。お世話になった古屋圭司さま、軽井沢で演奏を聴いてくださったみなさま、ありがとうございました!! 

今年もあと数時間です。2009年は全国各地へ演奏旅行をさせていただきました。新たな出会いや、旅の思い出は尽きません。人の心の優しさや温もりを肌で感じ、大きな力をいただき、元気に明るく走り回ることができました。 

みなさまに感謝しています。

※写真は、今朝、新幹線から見えた富士山です。

Please reload

アーカイブ
Please reload