© Yoshie Ueno  all rights reseived

NEWS

木管五重奏

2012/03/04

 

1月18日と30日には木管五重奏で埼玉県久喜市の4つの小学校を訪れました。

オーボエ坪池恵美さん、クラリネット八段悠子さん、ホルン福川伸陽さん、ファゴット黒木綾子さんというメンバーで、木管五重奏のオリジナル作品(タファネル、イベール)や日本の曲、世界の民謡などを演奏しました。
また、それぞれの楽器の音の出る仕組みをストローやラムネの瓶を使って紹介したり、実際に体験してもらうコーナーも設けて、とても興味を持って聴いてもらうことができました。

木管五重奏は、弦楽四重奏や金管五重奏と違い、音を出す仕組みが楽器ごとに違うので(1枚リード、2枚リード、唇、空気)、様々な音色を聴くことができます。音色だけでなく、表現にもさまざまな個性や魅力があり、それらが合わさるとまた新しい色が生まれていきます。演奏しながら、私自身もまた改めてそのおもしろさを実感した楽しい公演でした。


 

Please reload

アーカイブ
Please reload